カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。



    (出典 www.jiji.com)


    なんか悲しいなあ
    観に行ったけど最高だったよ

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/24(火) 18:23:53.81 ID:mBKS/ZvK9.net

    ロッテの福浦和也の引退試合に多くのファンは感動したが、
    CS争いの最中にマーケティング主導の編成・起用が行われたことは大きな問題だ。
    「引退試合」がはびこる今のNPBの問題点を象徴している。
    ある出来事を評価するにも、見る角度を変えると全く異なる結論になるということだ。

    9月23日に行われたロッテの福浦和也の引退試合に関してだ。ウェブにはこういう記事も出ていた。

    なぜ千葉ロッテ・福浦和也の引退試合で「野球の神が舞い降りた」美技が生まれ勝利できたのか?

    これを「神が舞い降りた」感動ドラマと捉えるなら、彼を熱心に応援してきたファンとの絆、
    ドラフト最下位から一流まで登り詰めた彼のキャリア、
    それらに敬意を払う球団や地域コミュニティーのバックアップなど、賛美の対象はいくらでもある。

    しかし、一方でこの日の引退試合には今のNPBが抱えるかなり深刻な問題が凝縮されている。
    ある意味では「問題だらけの引退試合」とも言えるだろう。

    まず断っておきたいが、ぼくは選手としての福浦和也やフランチャイズプレーヤーを応援するファンの姿勢を心からリスペクトしている。
    問題視したいのは、あくまで表面化している事象についてだ。

    彼はなんのためにこの1年現役生活を継続したのだろうか。
    再び一軍で華々しい活躍を見せるため、もう一花咲かせるためだったと思いたい。
    選手生活の終わり方に対する考え方はそれぞれだ。余力あるうちに花道を飾るも良し、客観的にはもう難しいと思われながらも本人が納得するまでとことん現役にこだわるのも立派だと思う。

    福浦の場合は後者だったと思いたいが、客観的な事実だけで捉えるとそれは難しい。
    2000本安打への固執も、謎だらけの最終年も、全て球団主導のマーケティングツールとして利用された結果だという見方を排除するのは難しい。
    本人がそれに対しカンファタブルであったかどうかは分からない。
    いや、利用されていると知りながらも、自分自身では「まだやれる」「この機会を活かしたい」と思っていたのかもしれない。
    そうあって欲しいと思う。

    はっきり言って、昨年までのロッテ球団の「福浦2000本安打キャンペーン」はやり過ぎだったと思う。
    記録は選手にとって目標であり、結果的にそれは球団に営業的メリットをもたらすものだとは思うが、
    数年前からの福浦和也の選手としての実績とその間の球団のマーケティングコンテンツとしての記録達成の利用を見るにつけ、
    主客転倒の感は拭えない。

    9/24(火) 15:55
    https://news.yahoo.co.jp/byline/toyorashotaro/20190924-00144010/


    【【プロ野球】千葉ロッテ・福浦和也「問題だらけの引退試合」???】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    開幕戦の逆転HRは鳥肌もん。
    残留してね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/25(水) 18:55:22.60 ID:TzgsG5o+9.net

    ロッテのブランドン・レアード内野手(32)が25日、米国への帰国前に成田空港で報道陣の取材に対応した。

    「自分もチームとしても、今季はしっかりとシーズンを戦えた。ただ、CSを目の前にしてああいう形で終わるのは悔しい思いでいっぱい。
    足りなかった部分を自分も含めて各自で考えて、来季に臨みたい」

    日本ハムから新加入した今季は、史上3人目となる開幕4試合連続本塁打を放つなど、
    139試合に出場して打率・248(487打数121安打)。チームトップの32本塁打、89打点をマークし、シーズン中盤は4番を任された。

    「30本塁打打てたことに関しては自信になる。もう少しいけたんじゃないかと思うところもあるので、打率も含めてしっかりした打撃を最後までできれば伸びたと思う。
    ただ全体的に見て、けがもなく一年過ごせて、頑張った証拠かなと思う」

    NPB通算150本塁打も達成した。ロッテのシーズン30本塁打到達は、2005年のイ・スンヨプ以来、実に14年ぶり。
    待望の大砲誕生で、チームの千葉移転後最多記録を更新する158本塁打に一役買った。

    「初めての千葉での生活で、野球では本当にやりやすい環境でプレーさせてもらった。生活においても、千葉はすばらしいところ。
    マリーンズの情熱的な応援には本当に後押しされたし、感謝しています」

    球団では2013年に二塁手部門で選出された井口資仁現監督以来となるオールスターファン投票選出も実現。本塁打を放った際のすしポーズは、すっかり幕張のファンにも浸透。
    その活躍で、5月には千葉県柏市に本社を構える「北辰水産」を新たに球団スポンサーとして獲得するなど、成績以上にチームに貢献した。

    来季の去就は未定だが「常に笑いをファンに提供して、前向きに、暗くならずに、来年はホームランもそうだけどチームの勝利に貢献できるように。
    守備でも、いいところで打点も稼いで、すべての面で貢献したい。来年も楽しみにしている」とファンに誓った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000536-sanspo-base
    9/25(水) 16:27配信


    (出典 www.sanspo.com)


    (出典 baseballgate.jp)


    http://npb.jp/bis/players/23525130.html
    成績


    (出典 Youtube)

    千葉ロッテマリーンズ B.レアード 応援歌 in 東京ドーム


    【【プロ野球】ロッテ・レアードが帰国「千葉はすばらしいところ」139試合 .248 32本 89打点←】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    FAで出て行かれてもしょうがないのかな・・・

    1 風吹けば名無し :2019/09/25(水) 22:38:47.30 ID:AZiQrU6o0.net

    どうすんのこれ


    【我らが千葉ロッテマリーンズ MVP34年間選出なし 沢村賞選出なし 45年間リーグ優勝なし←まじかこれ】の続きを読む

    このページのトップヘ