カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。




    (出典 www.sankei.com)



    1 少考さん ★ :2021/01/23(土) 14:33:03.73 ID:CAP_USER9.net

    王会長「すごくジェントルマンだった」ハンク・アーロンさん追悼 | 東スポ
    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/mlb/2655354/

    2021年01月23日 12時34分

    米大リーグで1950~70年代に活躍し、歴代2位の通算755本塁打を放ったハンク・アーロンさんが22日(日本時間23日)に死去した。86歳だった。868本塁打の世界記録を持つソフトバンク・王貞治球団会長(80)が球団を通じてコメントを発表し、交流の深かったレジェンドの死を悼んだ。

    「755本という当時の世界記録を作り、ホームラン数もヒット数も打点もすべてにおいてすごかった。長く現役でやって、すごくジェントルマンだったし、メジャーリーグの選手の鑑だった」

    グラウンドでの実績だけでなく、野球を愛する同志としても互いを認め合った2人。「世界少年野球推進財団では彼はアメリカを、私は日本をということで一緒に世界に野球を広めようとスタートした。体が動いて元気だった時は毎回のように来てくれて、子供たちの野球の普及に貢献してくれた。つい最近は毎回というわけにはいかなかったけれど、それでも常に心がけてくれた」。故人の人生を通しての足跡に敬意を表した。

    「とにかく素晴らしい野球人生だったと思う。いろいろありがとうございました。ご冥福をお祈りします」。海を越えて、共鳴し合った特別な存在をしのんだ。


    ※関連スレ
    【訃報】元米大リーガーで通算755本塁打のハンク・アーロンさんが死去 86歳 [みつを★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1611331445/
    【訃報】亡くなったハンク・アーロンさん、コロナワクチン接種したばかり 黒人社会へ安全だとメッセージを伝えるために公開 [ニーニーφ★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1611366441/


    【【プロ野球】王貞治氏 親交の深かったハンク・アーロン氏の訃報を悼む・・・】の続きを読む




    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/01/25(月) 02:41:16.61 ID:CAP_USER9.net

     福岡ソフトバンクの小久保裕紀ヘッドコーチ(49)が24日放送のFBS福岡放送「夢空間スポーツ」にリモートで生出演し、前身ダイエー時代の戦友でもある城島健司・球団会長付特別アドバイザー(44)との関係について語った。

     「彼の発想はとても面白い」と力説。「侍ジャパンの(監督の)時も非常にいいアドバイスをいただいた。キャッチャーの視点から、メジャーでのアンパイアの接し方とか、細かく教えてくれたんですよ。それを当時のキャッチャーの小林(巨人)とかに伝えたんです」と秘話を明かした。

     「正直、現役時代、一度も食事いったことないんですよね」とも。「引退した後、すごく仲良くなって、よく話すんですが。あの当時の選手ってプライベートはあまりつるまなかったですね。個々が自立してたんですけど、王監督のもと、いざ試合が始まったときの結束力、団結力はズバ抜けてた」と振り返った。

     それから年月を経て、今のチームをそれぞれの立場で支えていくことに。「ゴルフの回数は減りますが、有意義なコミュニケーションを取れると思います」とうなずいた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b7df522aaef90d9068ae9dc0486adf8e04421f06
    /24(日) 21:29配信


    (出典 Youtube)

    2005年6月29日 城島健司 応援歌 福岡ソフトバンクホークス


    【【プロ野球】ソフトバンク小久保新ヘッドコーチがテレビ番組にて城島健司氏との関係について語った】の続きを読む




    (出典 www.news-postseven.com)



    【【プロ野球】元巨人・上原浩治氏がツイッターにて報道についての反論する「智之との仲を切り裂くようなことはやめてほしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ