カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。




    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    ・・・
    もう戻って来れない気がする

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/22(金) 11:51:55.31 ID:CAP_USER9.net

    1/22(金) 11:02配信
    FRIDAY

    本誌の直撃に不倫と虚偽報告を認めた清田だが、「『病院に行かないでほしい』とは言っていない」と主張していた

    「いますぐクビにしろ!」

    本誌報道直後から、所属球団である千葉ロッテに対し、SNSやメールで抗議が殺到しているという。

    【画像】ロッテの清田育宏「不倫相手とのライン」の現物がこれ

    3年に及ぶ不倫、球団への虚偽報告、相手女性への隠蔽工作……野球でいえばまさにスリーアウトだが、処分がようやく下ったのは本誌報道から約1週間後の1月15日だった。球団は清田育宏(34)の処分について、相当、頭を悩ませたようだ。

    「不倫に虚偽報告とはいえ、犯罪ではない。それに、清田は12月27日に年俸6000万円の2年契約を結んだばかりでした。いくらなんでも解雇はできません。それでも、世間の厳しい声は認識していましたし、何より、親会社であるロッテが激怒したことが大きかった。

    菓子メーカーであるロッテは、非常にイメージを大切にする企業。清田から事情聴取を行いながら、厳正な処分を求める親会社との間ですり合わせが必要になり、処分を下すまでに時間がかかりました」(ロッテ球団関係者)

    可能な限り厳しい処分――それが、「無期限謹慎」だったというわけだ。清田は春季キャンプに参加できず、その後も球団施設で練習することは禁止。復帰は「どんなに早くても7月のオールスター明け」(球団関係者)になるという。

    だが、すべては自業自得だ。清田がコロナに感染したとされる昨年9月の札幌遠征後、不倫相手だったA子さんが発熱したにもかかわらず「病院に行かないでほしい」と懇願。3年間にわたり関係があった女性のことをまったく顧みず保身に走った。A子さんの友人が言う。

    「だからこそ、A子も愛想を尽かしたのです。それまでは毎日のように『大好き』『可愛い』と連絡をしておきながら、いざとなったらこれか、と」

    実際、本誌が友人から入手していたLINEのやり取りには、清田からの歯の浮くような甘い言葉が並んでいる。愛の告白のみならず、ときには野球のアドバイスを求めたり、試合の愚痴(ぐち)を吐くことまであったようだ。

    ある日の試合後には、

    〈最近左側の体の開きが早いんですよ〉

    〈どうしたら開かなくなるかおしえてもらえますか?〉

    と、A子さんにLINE。またある日の試合後には、代打を出されたことに腹を立て、

    〈マジムカついた〉

    〈だったら最初から出すなよって感じ〉

    と、チームへの不満までA子さんに伝えていた。

    「とにかく清田はA子にベタ惚(ぼ)れでした。彼女への愛を証明するために、一昨年の夏頃には2打席目の登場曲をナオト・インティライミの『君に逢いたかった』に変えている。これは清田がA子さんとのドライブデート中によくかけていた曲です」(A子さんの友人)

    不倫は許されることではない。だがそこまで惚れていたならば、彼女のことはしっかりと守るべきだったのではないか。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1b7cb64cdd706cd631e0fdaeac2460c4a8e4b74


    【【悲報】無期限謹慎の千葉ロッテ・清田育宏 他にもあった不倫相手との恥ずかしいLINEとは・・・】の続きを読む




    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/22(金) 07:25:35.64 ID:CAP_USER9.net

    1/22(金) 6:15配信
    東スポWeb

    ロッテ・井口監督(左)と松中氏

     リーグ連覇、5年連続日本一を目指すソフトバンクが井口ロッテの〝本気度〟と〝徹底ぶり〟に驚きを隠せないでいる。

     鷹OBで平成唯一の3冠王・松中信彦氏(47)が、今春キャンプの臨時コーチに就任することになったからだ。チーム関係者は「それだけ井口監督が打撃技術を高く評価していて、安田ら左の若手を育てたいということだろうが、正直あの2人が…というのは驚いた」と目を丸くしている。

     2人は1997年に井口監督がドラフト1位、松中氏が同2位でダイエー(当時)に入団した同期。強い個性を持つ一流同士とあって、強烈なライバル関係にあった。お互いを野球人としてリスペクトはしていたが「決して交わることのない2人」と見られていた。

     それが井口監督の要請によりタッグ結成となったのだから、逆襲への強い意志が感じられる。ある鷹関係者は「あくまでも臨時コーチという形だとしても(松中氏は)解説などでもすごく理論的だし、分かりやすい。ロッテには間違いなくプラスになるんじゃないか」と見ている。

     ソフトバンクはロッテに2年連続負け越し中。首脳陣には鷹出身者がズラリと揃っており、今オフもかつてホークスOBでヘッドコーチなどを歴任した森脇コーチが入閣した。今年も打倒ホークスを掲げてくるのは間違いない。何よりも怖いのは、松中氏が2015年の退団セレモニーの際に「もしも違うチームで戦うのであれば倒しにいきます!」と宣言していたこと。今回は指導者の立場ながら、古巣への恩返しに意欲的なのは容易に想像できる。

     2人の恩師、王球団会長も「ロッテには去年もウチは苦しめられたからね。今年はそこに松中が入って、より充実してくるだろう」と話す。昨年はCSで地力の差を見せつけて4年連続日本一を達成したが、ロッテは最大の難敵だった。今季はさらに不気味な存在となるかもしれない。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f704754bcfefaf41bb09155d2c0cbbd9d7988a12


    【【プロ野球】千葉ロッテ・井口監督と松中臨時コーチのタッグにソフトバンク側が驚きを隠せず】の続きを読む




    (出典 www.nikkansports.com)



    1 名無しさん@おーぷん :21/01/20(水)22:53:20 ID:IQY

    ロッテ加藤翔平と巨人加藤脩平の誕生日は3月28日で一緒


    【【集合】プロ野球のいろいろな豆知識について語ってみる】の続きを読む

    このページのトップヘ