カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/05/01(金) 17:59:38 ID:BfnjtBxh0.net

    推しメンコース、手書きの手紙、ツーショット・・・やっぱりこんな方法でしか注目を集められないんか?


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【集合】女子プロ野球を盛り上げる方法は何がある?】の続きを読む



    (出典 red-buffaloes.com)



    444 名無しさん@実況は実況板で :2020/04/15(水) 13:59:56.02 ID:/KkCNGdcM.net

    いろいろ考えてトレーニングしたりしてたけど、打率が2割切ってしまってヤル気も失って練習サボってた
    視力かなり悪化してたのに気付いてコンタクト変えて、練習しないまま試合出たらそこからは打率6割超えそう
    結論、練習よりまず視力矯正


    【【野球】草野球をする時、どんなバットを使ってる? どうなったら打てるようになるだろう】の続きを読む



    (出典 gs-files.spaia.jp)



    1 征夷大将軍 ★ :2020/04/30(木) 23:47:56.84 ID:f0IIaVXG9.net

    野球界で最も影響が出るのは、プロと学生のシーズンのズレだろう。これまでは10月にドラフトを行い、年内に契約、入団発表などを済ませ、1月は合同自主トレ、2月からキャンプという流れだった。7月の卒業と同時に入団し、後半戦からプレーできるという考え方もあるが、支配下登録の問題や事前にキャンプができないなど、対応が必要なことは多い。

    これまではドラフトの前後に戦力外通告が行われていたため、球団が考える戦力外選手とドラフト指名選手の数のバランスが取れた。ドラフトの時期を変えないことも一つの方法だが、学生側からしてみれば進学や就職を決める時期と大きくズレるため、現実的ではない。

    高校は春の大会に3回、夏の大会に2回出場できるようになることが予想されるが、雪国の状況も考えれば春のセンバツ、夏の選手権という形式は変えにくい。ただ、春の甲子園出場校とそれ以外の学校で3年生の引退時期は大きく違ってくる。センバツ選考も秋の大会が終わって速やかにということになるだろう。秋、春のシーズンで戦う大学野球は、比較的影響は少ないと言える。

    エキサイトニュース 2020年4月30日 06:00
    https://www.excite.co.jp/news/article/SportsHochi_20200430_OHT1T50012/


    【【プロ野球】9月入学制が実現すると野球界はどうなる?プロとアマチュアでシーズンのズレなど課題あり】の続きを読む

    このページのトップヘ