カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。

    カテゴリ:野球 > 佐々木朗希



    (出典 baseballking.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/11(金) 14:59:57.57

     5月27日の阪神戦に続く、プロ2勝目とはならなかった。

     ロッテの2年目・佐々木朗希(19)が10日のヤクルト戦に先発。自己最長の6回93球を投げて4安打1失点、5奪三振だった。序盤は課題の変化球に加え、ストレートの制球も定まらない。村上には甘く入った速球を右中間に放り込まれたが、失点はこれだけ。走者を許しながらも、要所を抑えたのは収穫と言えば収穫だろう。

    ヤクルト奥川にゾッコン? 入寮したロッテ佐々木が心待ちにする浦和の夜

    「試合をつくることができてよかった。次の登板も頑張ります」とは本人だ。

     さて、ロッテは残り82試合。佐々木朗が今回同様、先発として中13日で回るとすると、レギュラーシーズンはあと6試合に投げる計算になる。一方で今季の登板回数を30イニング以内(この日で計16イニング)に抑えて、来季の新人王を狙うプランもあるという。

    ■中6日は来年夏

     戦力になると判断されれば、ポストシーズンもにらんでフル回転することになるのだろうが、しかし、首脳陣を逡巡させているのが佐々木朗の体力面だという。

    「さすがに去年ほどアッチが痛い、コッチが張ったとは言わなくなったようですけど、なにしろ肩肘の周辺も含めて体が脆弱ですからね。体がしっかりとして、中6日のローテに入れるようになるのは来年の夏ぐらいと首脳陣はみているようです」と、ロッテOBはこう続ける。

    「バランストレーニングなどはよくやっているそうですが、筋力をつけるウエートトレは熱心じゃない。一時、練習方法やフォームをマネていたオリックス・山本由伸もウエートトレはさほどやらないようなので、もしかしたら影響を受けているのかもしれません。首脳陣は上体はともかく、せめてさまざまな面で基本になる下半身のトレーニングはもう少し、力を入れて欲しいと思っているようですけど、芯がしっかりしているというか頑固というか、何事も自分が納得しないとやらないタイプらしいですから(笑い)」

     この日の最速は155キロ。投げようと思えば160キロの剛速球を投げられる佐々木朗が、あえて球速を抑えているのは160キロに耐えられるだけの体ではないからだ。本人は昨年、シート打撃で160キロを投げた反動でその後、1カ月間、ほとんど投げられなかったことがトラウマになっているという。まずは体を鍛えることが先決ではないか――。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f378d042bd952d990f8f57a6b413e43e5b3b49f0
    6/11(金) 11:50配信


    【【ロッテ】コーチ陣も悩む佐々木朗希の今後の起用法とは・・・ 】の続きを読む



    (出典 spread-sports.jp)


    良いじゃない

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/10(木) 22:34:54.65

    本拠地で雄姿を見せつけた。ロッテの2年目右腕・佐々木朗希投手(19)は10日、ヤクルト戦(ZOZOマリン)でプロ3度目の先発登板。プロ最長となる6回を93球、4安打5三振2四球1失点と好投したものの同点のままリリーフ陣にバトンを託し、プロ2勝目はお預けとなった。

     初回は2番・青木に対し7球粘られながらもプロ自己最速となる155キロの内角低め直球で見逃し三振に仕留めるなど三者凡退。上々の立ち上がりだったが、2回先頭の4番・村上に対してはカウント1―1から甘く真ん中低めに入った151キロ直球をとらえられ、ソロ本塁打を右中間席に叩き込まれた。プロ初被弾を喫した右腕は思わずマウンドで唇をかんだ。

     だが失点はこの一発のみ。自慢のストレートを軸にしながら要所でスライダー、フォークを効果的に組み込み、強力ツバメ打線に3回以降は三塁を踏ませなかった。先制弾を許した村上とは4回先頭の第2打席で再び対峙し、フルカウントに追い込んでから真ん中低めのフォークで空振り三振を奪って〝リベンジ〟。最少失点でテンポ良く6回を投げ切った。
     
     チームは5回に荻野の内野安打と相手の失策絡みで1点を返して同点。そして8回にレアードの15号勝ち越しソロが飛び出すと、佐々木朗もベンチで笑顔を浮かべた。

     そのまま試合は2―1でロッテが勝利。試合後の2年目右腕はグラウンド上に出て先輩たちと歓喜のハイタッチに加わった。

     試合後は「総合的に試合は作れましたし、前回よりも1イニングですけど、多く投げれて失点も抑えられて良かった。もっと球数いってるかなと思ったんですけど、思ったよりいってなかったのでラッキーな部分もあったと思うんですけど。よかったなと思います」とコメント。一番良かった点について質問が向けられると「自分が苦しい場面で変化球でカウント取れたりだとか、相手がストレート待ってる中でいいところに変化球投げれたりとか。前回投げ切れなかった部分が投げ切れるようになったところも良かった」と述べた。

     また、この日は過去の2試合で1度も投げていなかった〝新球〟チェンジアップを投じていたことも明かし「これからもっと試して自分の武器になるというか、自分を助けてくれるボールになればなと思います。うまく使えたかどうかはわからないですけど、使ってみていい悪いは出たので。投げたことが収穫です。チェンジアップに関しては」と語っていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6967434abcbf0a2dbdebee71b1340fe563d1465a
    6/10(木) 21:04配信


    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/il2021061004.html
    試合スコア


    【【ロッテ】佐々木朗希、勝敗つかずも6回1失点の好投、プロ最速155キロも記録】の続きを読む



    (出典 static.chunichi.co.jp)



    1 首都圏の虎 ★ :2021/05/28(金) 16:46:30.65

    「令和の怪物」佐々木朗希投手(19)のウイニングボールに寄せた思いがファンの感動を呼んでいる。

     プロ野球のロッテは2021年5月27日、甲子園球場で阪神と対戦し6-4で勝利した。佐々木が今季2度目の先発のマウンドに上がり、5回を投げて7安打4失点(自責3)。チームは2点ビハインドの6回に3点を奪い逆転に成功し、佐々木にプロ初勝利がついた。

    ■ウイニングボールは「両親に渡したい」

     試合後のヒーローインタビュー。佐々木はプロ初勝利の率直な気持ちを問われると「うれしいです」と、少し照れるように笑みを見せた。

     高校時代は届かなかった甲子園のマウンドで、強力阪神打線を相手に5回を投げ抜いた。佐々木は「初めての甲子園だったので、甲子園の雰囲気を感じながら一生懸命投げたいなと思いました」と聖地への思いを語り、「楽しかったです」と振り返った。

     そして記念すべきウイニングボールをどうするかと問われると「両親に渡したいと思います」と即答し、「次もっといいピッチングできるように頑張ります。応援よろしくお願いします」と締めくくった。

     試合後、ロッテの球団公式ツイッターで佐々木のプロ初勝利のコメントが投稿され、佐々木の母のコメントも同時に紹介された。

    佐々木の母「嬉しくて号泣しました」
     球団公式ツイッターの投稿によると、佐々木の母は「ヒーローインタビューでウィニングボールを私にではなく『両親にプレゼントします』と言ってくれたのが嬉しくて号泣しました」と語ったという。

     佐々木は2011年の東日本大震災の津波で父を亡くしている。この日の勝利は、母と亡き父に贈る特別なものだった。佐々木の母は、息子が発した「両親」の思いを感じ取り涙が止まらなかったようだ。

     ウイニングボールに込めた佐々木の思いと、母の号泣がファンの間で感動を呼び、球団公式ツイッターには「この孝行息子」「私も涙が止まりません」「素敵な息子さんですね」「最高の恩返し」などのコメントが寄せられた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5d8cf37b2f8805f66debc3730e8d57ed9f35c254

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【プロ野球】佐々木朗希のプロ初勝利 母が号泣した両親への想いとは・・・】の続きを読む



    (出典 static.hokkaido-np.co.jp)



    1 首都圏の虎 ★ :2021/05/28(金) 08:44:56.06

    ◆日本生命セ・パ交流戦 阪神4―6ロッテ(27日・甲子園)

     ロッテの高卒2年目右腕・佐々木朗希投手(19)が夢に見た甲子園でプロ初勝利を挙げた。セ首位の阪神に5回7安打4失点(自責3)も、6回に角中の2点適時二塁打と敵失で逆転に成功。プロ2度目の登板で初白星をつかんだ。94球を投げ、最速は154キロ。聖地で“令和の怪物”に勝利の女神がほほ笑んだ。

     * * *

     佐々木朗には、いつも厳しい見方をしてしまう。それは、私が彼のことを「いい投手」と認め、期待するものが大きいからだ。だから、この日のような投球には少しがっかりする。

     ストレートは152キロ前後を表示しているのに、空振りが取れない。なぜか。ボールの質が悪いからだ。かつての江川卓を例に挙げる。球速は150キロ前後だった。しかし、江川はストレートで空振りが取れた。ボールの“持ち”がよく、スピンが利いていて、打者が頭に描く球道の上をボールが通るからだ。

     今の佐々木朗にはそれがない。バットに当てられるから球数が増えていく。5回、ストレートが150キロを割るようになり、それまで低めに決まっていたフォークを再三たたきつけた。疲労ではないだろうか。

     高校時代に160キロを投げていた投手が、なぜこうなったのか。スピードを抑え、コントロールを重視したからだろう。ボールを最後に“切る”感じがない。大げさに言うと「置きにいく球」だ。今の球の質では150キロの球でも主力級には通用しない。

     160キロ近い球なら「その辺に投げる意識」さえあれば打たれない。佐々木朗には目標をもっと高いところに置いてもらいたい。君はそれだけの素質を持った投手なのだから。(スポーツ報知評論家・堀内恒夫)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/363453c587ab9edf4482388c3c41924bc201fb72

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【プロ野球】堀内恒夫氏が語る佐々木朗希の現状とは・・・】の続きを読む




    (出典 www.nikkansports.com)



    1 ひかり ★ :2021/05/27(木) 22:11:14.94

     ◇交流戦 ロッテ6―4阪神(2021年5月27日 甲子園)

     プロ初勝利を挙げたロッテの佐々木朗希投手(19)は、悔しそうな表情を見せていたマウンドとは打って変わってお立ち台では笑顔を見せ、初勝利の感想を聞かれ「うれしいです」と語った。

     大船渡時代に甲子園出場はなし。高校時代には上がることができなかった甲子園のマウンドで5回、94球を投げ7安打4失点(自責点3)。初の甲子園は「初めての甲子園だったので、甲子園の雰囲気を感じながら投げたいと思いました」とし「楽しかったです」とうなずき、プロ2年目、そしてプロ2戦目での初勝利についても「僕の中ではすごく長かったですけど、沢山の方々に支えてもらって、きょう、こうやって勝つことが出来てよかったです」とかみしめるように語った。

     小学校3年時に岩手県陸前高田市で東日本大震災に被災した佐々木朗は、父・功太さん(享年37)を津波で失ったが、大好きな野球をやることで勇気と希望をもらったという。恩返しの思いも込めて…。ウイニングボールは「両親に渡したい」と答えた。

     高校時代には163キロを記録したが、この日も最速は154キロ。注目の阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝との対戦ではタイムリーを打たれる内容に「まだまだ反省点が多いんですけど、次に修正できたらいいかな、と思います」と語り、5回まで投げたことについても「投げさせてもらったという形になったと思うんですけど、結果的に投げられてよかったです」とした。

     5回を終え2―4。だが6回に打線が3点を挙げた逆転したことで勝ち投手の権利を手に入れる強運を見せたが、打線の援護には「びっくりしました」と驚きを隠さず。「もっと内容も改善できると思うので、次いいピッチングができるように頑張りたいと思います」と誓っていた。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d4a76d3b14f571c8c27a593f428e562f409f8ed2


    【【ロッテ】佐々木朗希 プロ初勝利のウイニングボールは「両親に渡したい」】の続きを読む

    このページのトップヘ