カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。

    カテゴリ: 大リーグ



    (出典 baseballking.jp)



    1 Egg ★ :2020/08/06(木) 00:02:15.34 ID:CAP_USER9.net

    写真

    (出典 img.sportsbull.jp)


    AP通信「心の二刀流選手になる道のりで腕の怪我が新たな障害に」

     エンゼルスのジョー・マドン監督は4日(日本時間5日)、敵地・マリナーズ戦前にオンライン会見し、大谷翔平投手が今季中に投手として登板することはないと明言した。今季の残り試合は指名打者として起用する方針を示し、「彼は最高級の投手。打撃の能力も見てきた。彼なら二刀流ができると思う」と来季以降の二刀流の継続には自信を見せた。

     2年ぶりの投手・大谷は、わずか2登板で幕を下ろすこととなった。

    2日(同3日)の登板後に右屈曲回内筋群の損傷と診断され、投球再開まで4~6週間。今季中の投手復帰は厳しいとみられていた。米メディアはどのように伝えたのか。

    AP通信は大谷が今季中に投手復帰しないことについて触れ、「オオタニに関するエンゼルスの見せた姿勢は驚きではない」と言及。「オオタニがここ何十年かで初となる真の二刀流選手になる道のりにおいて、今回の腕の怪我が新たな障害となった」と伝えた。

     米放送局「CBSスポーツ」もマドン監督が大谷の今季中の登板予定がないと明言したについて「驚きではない」と理解を示した。18年は160キロ超の剛速球とスプリットを武器に4勝2敗、防御率3.31をマークしたものの、右肘靭帯損傷で離脱。「オオタニが投手もできることは、みんなわかっている。しかし彼がMLBに活躍の場を移してからというもの、こういった腕の故障が持続的な問題となっている」と故障との戦いとなっているとした。

     二刀流復活は来季へ持ち越しとなった。この日のマリナーズ戦はベンチスタートとなったが、まずは指名打者としての躍動を期待したい。(Full-Count編集部)

    08/05 21:52 フルカウント
    https://sportsbull.jp/p/802436/


    【【MLB】エンゼルス・大谷翔平 今季の登板は絶望も来季は二刀流継続、米メディアは不安の声あり・・・】の続きを読む



    (出典 baseballking.jp)



    1 ばーど ★ :2020/08/04(火) 13:41:15 ID:CAP_USER9.net

    【MLB】大谷翔平、今季中の投手復帰は絶望的か 右前腕筋損傷で投球再開4~6週間、打者出場は続行

    3日のアストロズ戦後に右腕の違和感を訴えてMRI検査を受診

    エンゼルスは3日(日本時間4日)、大谷翔平投手がMRI検査を受け、右回内屈筋群の損傷と診断されたと発表した。投球再開まで4~6週間。4日(同5日)からの敵地・マリナーズ戦にはチームに同行する。指名打者としては状態を見て出場を続ける。

    大谷は前日2日(同3日)の本拠地・アストロズ戦で先発し、2回途中無安打5四球2失点で降板した。最速156キロを記録したフォーシームは降板前に140キロ台に低下。降板後に右腕の違和感を訴え、チームは病院でMRI検査を受けることを発表していた。

    メジャー1年目の2018年9月に右肘内側側副靱帯を損傷し、同年10月に右肘のトミー・ジョン手術を受けた。2019年は打者に専念し、並行して投手復帰に向けたリハビリを進めてきた。長く険しいリハビリを乗り越えて、7月26日(同27日)の敵地・アスレチックス戦で693日ぶりに公式戦登板。この試合では1死も取れずに3安打3四球5失点で降板し、2日(同3日)のアストロズ戦は復帰2度目の先発マウンドとなっていた。

    8/4(火) 11:49 Full-Count
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cf14401d7c0d34e2a69360f146e037eacd5c2e59

    ★1が立った時間 2020/08/04(火) 09:42:05.29
    前スレ
    【MLB】大谷、右ひじ付近の筋肉損傷と診断 投球練習再開まで4-6週間 今季中の投手復帰は厳しく [ばーど★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1596501725/


    【【MLB】エンゼルス・大谷翔平 右肘付近の筋肉損傷と診断・・・復帰まで4〜6週間、今シーズンの投手復帰は絶望か】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/07/31(金) 09:26:39 ID:CAP_USER9.net

    7/31(金) 9:00配信
    スポニチアネックス

    俊足ぶりもクローズアップされているエンゼルスの大谷

     今年は期待し過ぎてはいけない、とも思う。それでも、期待せずにいられない。それだけの魅力とポテンシャルを備えているのが、エンゼルスの大谷だ。

     693日ぶりの公式戦登板となった26日のアスレチックス戦では、1死も取れずに降板し5失点。一方で、バットでは早くも本領を発揮した。29日のマリナーズ戦、類いまれなバットさばきとパワーで地面スレスレのカーブを右中間に1号ソロ。今季は開幕3番を務め、左脇腹痛を訴えていたレンドンの復帰と同時に4番に座っている。そんな大谷にあえて期待したいのが、「1番・投手」としての出場である。

     「日本のベーブ・ルース」こと大谷が、本家のルースを最も上回っている能力は何か。私は走力だと思っている。本塁から一塁までのスピードは常時、時速31~32キロ台をマークし、メジャー平均の時速約29・6キロを大きく上回る。18年は10盗塁、19年は12盗塁を記録し、次の塁を積極的に狙う意識も高い。

     日本のファンの脳裏にも焼き付いているだろう。16年7月3日のソフトバンク戦で「1番・投手」として初回、初球を叩いて先頭打者本塁打を放ち、投げては8回無失点で勝利投手。逆転優勝へとチームを勢いづけた。この時は一振りで大きく貢献したが、渡米後は俊足ぶりもクローズアップされている。

     ルースは二刀流として13勝&11本塁打をマークした1918年、投手として出場した試合は4番か9番が中心で、7番が一度(当時はDH制なし)。1番での出場は、キャリアを通じてゼロだ。ちなみに通算で123盗塁しているが、記録に残っているだけでも117の失敗がある。

     冒頭に記した通り、右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)からの復帰1年目だけに、大谷に投手としてのパフォーマンスに関して即、完全復活を求めるのは酷だろう。他の部位から移植した腱が腕になじむまでには相応の時間を要し、誰もが思うような投球を取り戻せずに苦しむからだ。しかし、60試合に短縮されたシーズンだからこそ、二刀流でフル回転できるチャンスがある、ともいえる。

     球団は今季、投打で同時出場する「リアル二刀流」には慎重な姿勢を崩さないものの、知将として名高いジョー・マドン監督は、開幕直前にこう言った。「この職を得た瞬間から、大谷が投げた日に打つところをいつか見たいと思っていた。現時点のプランにはないが、アジャスト(修正)はあるかもしれない」。修正プランの延長戦上に、16年に見た漫画のようなシーンが再現されることを、ひそかに熱望している。(記者コラム・大林 幹雄)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/f3034554765e5d2b1cd92fc358397975c340ff09


    【【MLB】大谷翔平の「1番・投手」はメジャーリーグで観られるだろうか?】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 征夷大将軍 ★ :2020/07/30(木) 13:36:40 ID:CAP_USER9.net

    <ブルージェイズ0-4ナショナルズ>◇29日(日本時間30日)◇ナショナルズパーク

    ブルージェイズ山口俊投手が2敗目を喫した。

    0-0で迎えたタイブレーク延長10回表に登板。無死二塁からのマウンドは連続四球で満塁。イートンに適時内野安打を許し1点を勝ち越されると、続くカブレラに3点三塁打を打たれ4点を失った。

    1回を投げ2安打2四球2三振で4失点(自責3)。山口は初登板もタイブレークで登板し敗戦投手になっている。

    日刊スポーツ 2020.7.30
    https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202007300000200.html


    【【MLB】ブルージェイズ山口俊 再びタイブレークで登板するも4失点を喫する・・・】の続きを読む



    (出典 baseballking.jp)


    打ち切りも考えられそうだな・・・

    1 征夷大将軍 ★ :2020/07/29(水) 08:37:23 ID:CAP_USER9.net

    【セントピーターズバーグ(米フロリダ州)28日(日本時間29日未明)=山田結軌】新型コロナウイルスの集団感染が発生した米大リーグのマーリンズで、新たに関係者4人の感染が確認されたとスポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。最近5日間の感染者は計17人に上る。これらの状況を受け、27日(同28日)には大リーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナー(61)がシーズン打ち切りの可能性に言及。メジャーが早くも危機的状況を迎えた。

     約4カ月遅れで開幕したメジャーの先行きに、早くも暗雲が漂った。マーリンズで新型コロナへの集団感染が判明。これを受け、専門局MLBネットワークに出演したマンフレッド・コミッショナーが、シーズン打ち切りの可能性に言及した。

     「あるチームが選手たちを欠いて競争力を失った場合は問題で、シーズンの一部か全部を取りやめるかどうかは状況による」

     一方で「どこかで陽性反応が出ることは想定していた。ガイドラインは強固で、今季を終えられると今も楽観視している」とも強調した。ただ、米国の感染者400万人、死者14万人はいずれも世界最多。状況は深刻で、米メディアでも悲観論が相次いだ。さらに翌28日(同29日)には、マ軍で新たに関係者4人の感染が確認されたとの報道も。最近5日間の感染者は計17人に上る。

     マ軍は現在、フィラデルフィアに滞在中。27、28日(同28、29日)の本拠地でのオリオールズ戦が延期となった。マ軍と26日(同27日)まで対戦していたフィリーズには陽性反応を示した選手やスタッフはいなかったが、こちらも2日連続でヤンキース戦の延期が決定。計4試合が延期となった。

     日本選手や他球団にも影響が及んでいる。ヤンキースでは、頭部への打球直撃から復帰を目指す田中将大投手のオンライン記者会見を中止。ホワイトソックスのレンテリア監督は、せきと鼻づまりの症状が出たため、当面指揮を執らないことになった。

     今回のような事態に備え、今季は登録枠(40人→60人)を増やしているが、プレー拒否を表明する選手が続出する可能性もある。シーズンを完走できるのか。世界が動向を注視している。

    サンスポ 2020.7.29
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20200729/mlb20072905020002-n1.html


    【【MLB】マーリンズで新型コロナウイルスの集団感染が発生・・・今後はどうなるメジャーリーグ】の続きを読む

    このページのトップヘ