カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。

    タグ:アナウンサー



    (出典 hochi.news)



    1 れいおφ ★ :2020/08/01(土) 08:49:53 ID:CAP_USER9.net

    日本テレビ・上重聡アナウンサー(40)の発言が波紋を広げている。問題となっているのは、
    31日のプロ野球・巨人―広島戦(東京ドーム)のひとコマ。

    広島攻撃の5回一死、巨人・畠世周投手の149キロ直球が広島・会沢翼捕手への頭部死球となり、球審は畠に対して「危険球」による退場を告げた。

    この試合を日テレ系列の中継で実況していた上重アナは、畠が死球を与えた瞬間、
    頭を抱えて倒れ込む会沢をよそに「ジャイアンツにアクシデント」と連呼したのだ。

    言わずもがなだが、?アクシデント?なのは命にかかわる箇所に死球を受けた会沢のほう。
    畠は勝ち投手の権利がかかったイニングではあったが、いかに読売系列局とはいえ、この場面では不適切過ぎる表現だろう。

    これにネット上は大炎上。広島ファンを中心に怒りが渦巻いた。
    「上重アナに抗議します!」は優しいほうで「二度と実況するな!」「巨人寄りも大概にしろ」「上重も危険発言で退場処分にしよう」
    「巨人ファンとしても引く」といった厳しい声であふれかえった。

    幸い死球を受けた会沢の身に大事はなかったが、上重アナはPL学園出身で甲子園出場経験もある元球児。
    プロ投手の投じた硬式球が頭部に当たることがどれほど危険か分からないはずはあるまい。
    試合後、広島のチーム関係者も「アツ(会沢の愛称)が大丈夫だったからいいけど、映像を見て腹が立った。あれはないわ!」と怒り心頭だった。

    結局、試合に敗れた広島は今季巨人戦4連敗。
    これまでも?お騒がせアナ?として何度も世間をにぎわせてきた上重アナだが、
    ただでさえフラストレーションが溜まっている鯉党の怒りはしばらく収まりそうにない。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18665086/

    上重アナ

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【プロ野球】日テレ・上重アナウンサー 広島會澤の頭部死球に「ジャイアンツにアクシデントです!」】の続きを読む



    (出典 prt.iza.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/12(金) 12:42:34.93 ID:VAYMAZZ99.net

    家にあるバット、ヘルメット、グローブ…自然と野球に没頭するようになった田淵

    【私が野球を好きになった日24】
     新型コロナウイルスの感染拡大による開幕延期を乗り越え、6月19日のプロ野球開幕が迫ってきた。野球を見られない自主期間中からFull-Countでは、野球を愛する選手や文化人、タレントらの野球愛や思いの原点をファンの皆さんと共感してもらう企画を連載してきた。「私が野球を好きになった日」の第24回はフジテレビでプロ野球の実況を担当する田淵裕章アナウンサー。

    田淵アナにとって野球は生まれた時から、いや生まれる前から身近な存在だった。父は阪神、西武で通算474本塁打を放った強打者・田淵幸一氏。家にはバット、グローブ、ヘルメットと言った野球道具が数多くあった。「それが当たり前にあったので遊び道具として使っていました」。自然と野球に触れる環境にあった。

     父の幸一氏は田淵アナに対し、野球を勧めるようなことも強要するようなことも一切なかった。それでも、当たり前のように田淵アナは野球をするようになった。「友達と公園に行ってやるのはカラーバットとボールを持って行って野球でした。自ずとスッと入っていったような感じですね。身近にあった野球をやりたいと思ったんでしょうね」。本格的に野球を始めた小学校時代は強打者でならしたという。

     ただ、中学校では世の中で大人気となっていた人気漫画「スラムダンク」のブームもあってバスケ部へ。高校入学を機に再び野球部に戻った。「中学の3年間でやっぱり野球をやりたいと思ったんですね。野球が楽しかったし、未練があったんだと思います。高校でやればもっと上手くなって、もしかしたらプロに行けるんじゃないか、と淡い期待を抱いたこともありました」。再び始めた野球。その高校野球で今後の人生を左右する“出会い”を果たす。

     1998年、高校2年の夏の東東京大会だった。田淵アナの青山学院は東東京で16強に進出。ベスト8進出をかけて、名門・帝京と対戦した。1998年と言えば、当時、横浜高のエースだった松坂大輔投手(現西武)に代表される“松坂世代”の年。相手の帝京にはのちに日本ハム、横浜、西武でプレーする森本稀哲氏がいた。


    6/12(金) 9:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200612-00798588-fullcount-base


    (出典 i.imgur.com)



    (出典 Youtube)

    森本稀哲 応援歌

    https://npb.jp/bis/players/41243888.html
    成績



    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【プロ野球】父は通算474本塁打のアーチスト フジテレビ田淵アナが野球を諦めた森本稀哲の衝撃とは・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ