カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。

    タグ:オリックス




    (出典 nekoneko-mvd.cocolog-nifty.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/01(月) 10:18:57.80 ID:CAP_USER9.net

    【その日その瞬間】
     パンチ佐藤さん(56歳/スポーツタレント)

     人生の岐路となったその瞬間は仰木彬監督から「芸能界へ行け」と言われた日。タレントとして活躍する元プロ野球選手を引退後の芸能界に導いた仰木マジックについて語ってくれた!

      ◇  ◇  ◇

     僕が上田(利治)監督の「うちに来てくれるね」という一言に「心は一つです!」と答えて、オリックスに入団させてもらったのが1989年。1年目は上田監督の下で1番松永、2番が僕、3番門田、4番石嶺、5番藤井と組んでもらい、レギュラーとして3割の打率を残せて、手応えを感じていたんです。

     ところが、2年目からの土井(正三)監督の時期はうまくいかず、僕も土井監督の下でふてくされちゃったところもあって、さっぱりダメで……。

    「このまま選手として*わけにはいかないぞ。違う監督の下でもう一度勝負してみたい!」という気持ちを持った94年に仰木監督になったんですよ。仰木監督の下でダメなら諦めもつくし、活躍できれば「ほら、やっぱり俺はやれるだろ」となるし、白黒ハッキリつけられると思ったんです。

     仰木監督はコーチからではなくて、新聞記者の方たちから選手の情報を得ていたんです。コーチは選手個人への気持ちが入っちゃうから。仰木監督は記者たちを毎晩のようにお酒に誘うので、記者の方も本当のことを言うわけですよ。

    「佐藤は守備はうまくないけど打ちますよ」「ピンチヒッターなら十分やれます」と聞いた監督が「パンチ再生」と宣言してくれた。

    ■「俺と同じ散髪屋さんに行って、パーマあててこい」

    「俺と同じ散髪屋さんに行って、パーマあててこい」と店のメモを渡されて行くと、散髪屋の主人が「仰木監督から『俺と同じようにしてくれ』と言われてます」と、監督と同じ席で同じコテでパンチパーマして、同じようにビールやうどんまで出してくれました。そこまでされたら僕も燃えますよ!

     有名な話ですけど、「鈴木一朗も必ず出てくるが、一人でイチローに改名すると風当たりが強くなるから、パンチ佐藤と一緒に売り出そう」と監督が考えてイチローと一緒に改名。オリックスに注目を集めたんです。

     シーズンはそこそこ打っていたけど、夏場に投手を1人増やすために僕が二軍行きを宣告されて。「パンチ再生って言ったのに!」と8、9月は二軍でモヤモヤして過ごし、ついに監督に電話して「話がしたい」と申し出て、ホテルのラウンジで会うことに。

     僕はカッカしてるからビールをガバガバ飲み、「僕は一生懸命に努力してます。努力が足りないならもっと努力するし、使えないのなら辞めますので、どっちか言ってください」と聞きましたよ。

    「代打の1番手としてパンチを置いておきたい。だが、おまえ1000万円しかもらってないじゃないか。俺は5000万円はもらってると思ってたよ。おまえは中国人の奥さんがいて子どもが生まれたわけだから、稼がなきゃいけないだろ。リサーチしたら、おまえは芸能界でやっていける素質があるいう話だ。今、芸能界に入ったら年俸の5倍稼げるから、引退しろ」

    「芸能界での素質があるなら、今すぐ野球を引退しなくてもいいじゃないですか」と僕。

    「1年早くても1年遅くてもいけない。芸能界へ行くのは今だ!」


    https://news.livedoor.com/article/detail/19624000/
    2021年2月1日 9時26分
    日刊ゲンダイDIGITAL


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 hochi.news)



    (出典 abundant.jp)


    https://npb.jp/bis/players/81783881.html
    成績


    【【プロ野球】元オリックス・パンチ佐藤氏の話 仰木監督から「芸能界へ行け」と言われたから引退を決意できた】の続きを読む




    (出典 public.potaufeu.asahi.com)


    すげえな
    吉田のスイング見てると気持ちがいい

    797 風吹けば名無し :2021/01/22(金) 17:04:04.10 ID:sez+hIavd.net

    事務所事務所いうけどもうこの時点でまずロッテは吉田の年俸払えんしこっからさらに上がったら手も上げられんやろ


    【【プロ野球】オリックス吉田正尚が6年目で野手最高額に到達! 2億8000万円で契約更改】の続きを読む




    (出典 www.asahicom.jp)



    1 風吹けば名無し :2021/01/19(火) 21:55:53.35 ID:OXLiB2yY0.net

    >能見投手は「オリックスの選手たちは楽しく(野球を)やってるな、という感じを受ける。」
    「阪神で、それはムリなんで」
    https://www.mbs.jp/mbs-column/naikaku/archive/2019/01/29/015740.shtml


    【【プロ野球】オリックス移籍の能見篤史 「ここでは野球を楽しんでいるが、阪神ではむり」】の続きを読む




    (出典 sp.buffaloes.co.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/26(土) 07:15:32.43 ID:CAP_USER9.net BE:792444515-2BP(0)


    (出典 img.5ch.net)

    12/25(金) 17:00
    デイリー新潮

    12球団で最も低迷する球団「オリックス」に見え始めた“希望の光”
    山本由伸投手
     現在、プロ野球の12球団で最も低迷する球団といえば、オリックスになるのではないか。最後に日本シリーズに進出したのは、イチローがまだまだ若手だった1996年まで遡らなければならない。2000年以降にAクラス入りを果たしたのはわずかに2回だけで、低迷期が続いている。
     2020年シーズンも開幕から大きく躓き、シーズン前半で西村徳文監督が事実上の解任となって、最終的にも前年を下回る勝率で2年連続の最下位に終わった。だが、現在のチームをよく見てみると、そこまで悲観するような状態ではなく、むしろ明るい材料が多いようにすら感じる。オリックスに見え始めた“希望の光”にスポットを当てながら、低迷期を脱出するために必要なポイントを探ってみたい。

     まず、チームとして最大の強みは強力な先発投手陣だ。2019年は山本由伸が最優秀防御率、山岡泰輔が最高勝率のタイトルを獲得。2020年は山本が自身3つ目のタイトルとなる最多奪三振に輝いた。山岡は故障で出遅れて4勝に終わったものの、防御率は2.60と規定投球回不足ながら、前年を大きく上回る数字を残した。さらに3年目の田嶋大樹は初めて規定投球回に到達。山崎福也、張奕、榊原翼、宮城大弥などにもブレイクの兆しが見られる。ここで名前を挙げた全員にまだまだ若さがあり、伸び代を十分に残している。2020年の先発投手のチーム防御率はソフトバンクに次ぐ2位だったが、翌年以降さらに改善していくことが期待できそうだ。

     課題はリーグワーストの得点数に沈む野手陣だが、こちらもプラス要素はある。最も大きいのが主砲の吉田正尚の存在である。プロ入りから2年間は腰痛に悩まされたが、負担の少ないフォームにしたことで成績が安定し、2020年は初のタイトルとなる首位打者に輝いた。出塁率の高さと長打力を兼ね備えた選手という意味では、吉田は柳田悠岐(ソフトバンク)と双璧で、若さもあり今後も中心に打線を考えることができる。吉田以外に長打力のある選手では、ベテランのT-岡田が復活の兆しを見せているほか、シーズン終盤に一軍に定着したモヤもまだ若いことが心強い。

     くわえて、現有戦力以上にチームの変化を感じるのが、ドラフトでの指名である。阪急時代から社会人出身の選手がチームの中心で、それはオリックス、さらに近鉄と球団合併しても大きく変わることはなかった、統一ドラフトとなった2008年から2017年までの10年間に上位(1位と2位)指名した20人のうち高校生は甲斐拓哉、後藤駿太、三ツ俣大樹のわずか3人だった(甲斐は退団、三ツ俣に移籍)。

     ところが、2018年は太田椋、翌年は宮城と紅林弘太郎と高校生の上位指名を2年間続け、さらに2020年も山下舜平大、元謙太、来田涼斗と1位から3位まで高校生を指名した。この三人は、いずれも高校球界では名の知れたスケールの大きい選手ばかりだ。チームの成績が悪くなると、近視眼的になり、中途半端な即戦力を上位で多く指名するケースが少なくないが、オリックスは、それとは“真逆の戦略”をとっている。もちろん、高校生の有望株だけ揃えれば良いとわけではないとはいえ、現在の戦力を考えると、スケールの大きい選手が不足していることは間違いない。こうした意味でも、オリックスにはチームを大きく変えようという意識が強く感じられる。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/dfe58e4b97f4bf13b9600cd58aa2af313c32b1d2
    >>3続く


    【【プロ野球】ここ最近低迷が続いているオリックスバファローズに見え始めた希望の光とは?】の続きを読む




    (出典 ytv-athlete.jp)



    1 Egg ★ :2020/12/15(火) 12:03:07.95 ID:CAP_USER9.net

    オリックスのアダム・ジョーンズ外野手は米放送局「CBSスポーツ」のインタビューに応じ、日本野球から受けた“衝撃”を語った。


     来日1年目の今季は87試合出場して打率.258、12本塁打、43打点。メジャー通算1939安打&282本塁打。4度のゴールドグラブ賞、5度のオールスター戦選出と鳴り物入りで加入したものの、物足りない成績に終わった。そんな助っ人砲は、日本野球に「カルチャーショック」を受けたようだ。

    「(日本は)伝統的な野球だ。1点をとりにいく。それが違いだよ。アメリカではビッグイニングにしようとする。彼らは1点をとりにいく。それが彼らのスタイル。日本に行った時、どのようなプレーなのか把握しようとして、カルチャーショックを受けた。あらゆることが全く違ったんだ。フォークがいいね。(インタビューに同席した元レッドソックスのミドルブルックス氏へ)コウジ(上原浩治氏)と一緒にプレーしたよね? 彼らは思うようにストライクを投げられるんだ」

     ミドルブルックス氏がレッドソックスで同僚だった上原について「制球力が彼の武器だった」と話すと、ジョーンズは今季対戦した日本人投手について「彼らはいつでもストライクを投げられる」と振り返った。続けて日本野球の印象を語った。

    「すごく良いプレーをして、クリーンなスタイルで本当に効率的。エラーをしない」

    「日本では本塁打を狙っているのは3、4、5番だけ。6番もかもしれない。他の打者はインプレーにしようとする。彼らは投手をイライラさせるんだよ。(今季オリックスで同僚だった)アンドリュー・アルバースを覚えてる? 彼が投げるのをたくさん見たけど、良い球を投げてもカットされるんだ」

     来季が2年契約の2年目。3年目の2022年は球団側に選択権がある。ジョーンズは「僕はいつでも野球をプレーする。状況に応じて必要なことをするよ」と来季の巻き返しを誓っている

    12/15(火) 7:30 フルカウント
    https://news.yahoo.co.jp/articles/516040fd5cf34b9573d8581f94102e635e9a2528

    写真
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【野球】<アダム・ジョーンズ外野手>「ドミノ・ピザは日本の方がずっと良い。理由は分からないけど、素材の違いかもしれない」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1607810769/


    【【野球】オリックス アダム・ジョーンズが米放送局にてNPBから受けた衝撃を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ