カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。

    タグ:ルール




    (出典 dynaimage.cdn.cnn.com)



    1 征夷大将軍 ★ :2021/06/08(火) 09:14:27.58

    日刊ゲンダイ:2021/06/08 06:00
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/290169
    【メジャーリーグ通信】

     MLBのマンフレッド・コミッショナーは、ホームラン中心の野球では人気回復を図れないと悟り、方向転換して、ゲームを動きのあるものにつくり替えようとしている。

     その第一歩として、今季、マイナーリーグの各レベルとアトランティックリーグ(MLBと友好関係にある独立リーグ)で、ゲームをより動きのあるものにする新ルールが次々に導入され、効果の高いものは近い将来メジャーでも採用される可能性が出てきた。

    ■シフト制限ルール

     内野の片側に内野手を3人寄せる守備陣形(シフト)を禁止する新ルール。シフトは打球方向に関するデータに基づいて行うため、MLBではゴロで内野を抜けるヒットが激減。これがメジャーの野球を動きの乏しいものにする一因になっている。そんな状態を打破するにはシフト自体を禁止するしかない。この新ルールは今季、まずマイナーの2A級で導入され、シフトの禁止によって内野の間を抜けるヒットが大幅に増えるか、検証が行われる。

    ■牽制球制限ルール

     牽制球の多投は試合時間を長くするだけでなく、盗塁を試みる走者の減少にもつながっている。そうした状況を改善するには、牽制の回数に上限を設けるのが一番という考えに基づいて生まれたのがこの新ルールだ。打者が代わるたびに投手は牽制球を2球まで投げることができると規定されており、それを超えるとボークを取られる。

    ■クイック牽制禁止ルール

     メジャーリーグでは左投手がプレート板に足を乗せたまま、ファーストにクイックで牽制球を投げて走者をアウトにするケースが頻繁に起きる。このルールすれすれの牽制球は走者を萎縮させるため、MLBは「牽制球を投げるときはプレート板から完全に足が離れた状態で投げないといけない」と明記した新ルールを作り、今季、マイナーの1A+級で運用を開始。

    ■ダブルフック・ルール

     先発投手を交代させる時はDHも交代させないといけないことを定めた新ルール。MLBでは、先発投手を早めに交代させてリリーフ投手を4、5人つぎ込むパターンが常態化し、試合時間を長引かせる一因になっている。それを改善するには先発投手をなるべく長く投げさせた方がトクになるルールを創出する必要があるということで考え出された。

    ■ベース拡大ルール

     本塁以外のベースを従来の38センチ四方から46センチ四方に変えることを定めた新ルール。今季マイナーの3A級でこの新ルールが試験的に導入されたが、二塁に盗塁を試みた走者が勢い余って塁から手が離れてアウトになるケースや、一塁の塁上で打者走者と一塁手が接触するケースが激減している。

    (友成那智/スポーツライター)


    【【MLB】マイナーリーグで新ルールを導入か「シフト制限」「牽制球制限」等】の続きを読む




    (出典 full-count.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/06/06(日) 20:53:54.32 ID:CAP_USER9.net

    6/6(日) 12:18
    デイリースポーツ

    ダルビッシュが怒「フェアでも何でもない」投手の粘着物質取り締まり報道に反発
     ダルビッシュ有
     パドレスのダルビッシュ有投手が6日、ツイッターを更新。MLBが投手の粘着物質使用の取り締まりを行うという報道に対し、不満を示した。

     ダルビッシュは「投手がボールに異物をつけるのあかんかったら、打者も素手で何もつけずに打ってくれ。バットが滑るから何かつけないと振れないとかって理由なら滑るボール使ってるMLBのピッチャーも一緒。フェアでも何でもない」と主張。MLBでは投手が滑り止めとして松ヤニや日焼け止めクリームを使用していることが問題視されているが、「なぜ日本では滑り止めは使われないのに、MLBでは使われるのか?ボールに問題があるってMLBはわかってんのにお金のためかずっと滑りまくるボールを提供してくる。わかってるんやからそっちを先にどうにかしましょう」と訴えた。

     今季はボールが飛ばず、ノーヒットノーランが続出するなど“投高打低”の傾向。「飛ぶボールに変わって投手がSOS出してた時MLBは何してた?あれでどれだけの投手が職失ったんやろ?自分たちもホームラン打たれまくるわけにはいかんから良くなろうとした。みんなラプソードとか使って研究して良くなったのに打者が打てなくなったらこれ」と、いら立ちを隠せなかった。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/18675abd67b2b65b298f88d62cf4c9d5db88dabc
    ★1が立った時間 2021/06/06(日) 12:41:44.22
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1622950904/


    【【野球】ダルビッシュがTwitterにて 投手の粘着物質使用の取り締まりについて語る】の続きを読む




    (出典 static.chunichi.co.jp)


    捕球前に走路塞いでるように見えたから適用で問題ないと思うが

    1 名無しさん@おーぷん :21/06/03(木)07:54:21 ID:BTbV

    また導入初年度みたいな世界くるであの前例作ってしまうと・・・


    【【集合】昨日の中日ロッテのコリジョンルールについて】の続きを読む




    (出典 portal.st-img.jp)


    あれは間違いなくコリジョン

    1 風吹けば名無し :2021/06/02(水) 22:57:08.53 ID:vwuJmRR9d.net

    ◇2日 中日2―2ロッテ(バンテリンドームナゴヤ)

     ゲームセットにはさせない。ロッテが土壇場で同点に追い付いた。2点を追う9回2死二、三塁で角中が起死回生の2点適時打を中前に放った。

     「うぬぼれてました」と試合後はニンマリと笑みを浮かべ、「敬遠気味にくさいところを突かれて四球になると思っていたら、2球で追い込まれていたので…」。闘志に火が付き、中日・又吉が投じた高めへの148キロの直球を捉えた。

     打球が中前に飛ぶと、三塁走者に続いて、二塁走者の中村奨がクロスプレーを覚悟で本塁へ頭から突入。牧田球審は「アウト」といったんはコールしたが、ロッテ側からリプレイ検証のリクエストがあり、コリジョンルールが適用されて得点が認められた。

     井口監督は「(中村)奨吾もけがなく済んだけど、(相手のブロックは)ちょっと危ないプレー」と指摘。判定が覆ったことに対しては「審判がリプレイ(検証)でしっかり取ってくれた」と冷静な対応を支持した。

     これでチームは2試合連続零封負けを免れ、今季8回目の引き分け。5月30日の広島戦から続いていた連続無得点も19イニングでストップした。


    【【ロッテ】井口監督、9回のコリジョン適用されたプレーについて語る】の続きを読む




    (出典 dot.asahi.com)



    1 あかみ ★ :2021/03/30(火) 13:32:46.55 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(59)が29日、自身のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」を更新。昨年の春から高校野球で投球制限が導入され、1人の1週間の総投球数が500球となっていることについて持論を展開した。

     石橋がYouTubeを収録したのは第93回選抜高校野球のベスト8が出そろった27日だったが、29日にベスト4がそろった。石橋は「いいピッチャーが多い」と切り出し「148キロとか149キロ投げますからね。春で、春でですよ」と驚き。また「これ夏にいったらみんな150キロ行くでしょ」と期待も口にした。

     そんな中で「1週間で500球以上投げちゃダメって…」と球数制限に言及し、「そしたら中京大中京のエースがかわいそうなんですよ」と、中京大中京の最速151キロのドラフト候補右腕・畔柳亨丞にスポットを当てた。

     中京大中京は大会第6日の25日が初戦だったが、石橋は「1日目、2日目に投げた投手はいいんですけど、大会後半に出ちゃうと…」と決勝までの日程が詰まることを指摘。「これはどうにかしてあげないと。ルール的に」と球数制限の“公平さ”を求めた。

     さらに石橋は「だったらもう少し日程をゆったり取って。完投したら130球くらいいっちゃいますからね。3試合で300球、4試合目の途中ぐらいで変わんなきゃいけない。ちょっと無理ですよね」と持論を語った。

     中京大中京は29日、東海大菅生を6-0で下し、準優勝した97年以来の24年ぶりの4強に進出。エースの畔柳は137球を投げ今大会2度目の完封を果たした。25日の1回戦・専大松戸戦で131球、27日の2回戦・常総学院戦で110球を投げているため、31日の準決勝の明豊戦では121球までしか投げられない。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/03/29/kiji/20210329s00041000660000c.html


    【【センバツ】石橋貴明 1週間500球の球数制限について持論を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ