カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。

    タグ:安田



    (出典 www.nikkansports.com)


    今日も頼みます

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/08/06(木) 06:26:14 BE:294079995-2BP ID:CAP_USER9.net

    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    8/6(木) 5:30
    スポニチアネックス

    ロッテ・安田 4番で大阪凱旋打!2試合連続先制打でオリックス戦7連勝
    <オ・ロ>4回、安田は右中間に2点適時二塁打を放つ(撮影・奥 調)
     ◇パ・リーグ ロッテ12―1オリックス(2020年8月5日 京セラD)

     ロッテ・安田は4番として「やっぱり長打は欲しい」と言った。一方で「シンプルに来た球にコンタクトすることを考えている」とも明かした。

     3年目の21歳が故郷・大阪で、2試合連続先制打を放った。4回無死一、二塁で昨オフ、プエルトリコのウインターリーグでも対戦した鈴木から右中間へ適時二塁打。「球の軌道も覚えていた。プエルトリコの経験が生きた」と143キロの直球を捉えた。今季打率は.239だが、7月21日の西武戦から座る4番では打率.314。その間、本塁打は1本だが、中軸を任されたことで、逆につなぐ意識が高まった。

     打線が12得点と爆発し、6月20~28日の8連勝以来の2連勝で貯金1。オリックス戦は引き分けを挟んで開幕7連勝となり、大毎時代の61年に阪急からマークした記録に59年ぶりに並んだ。この2日間は安田の家族、友人も応援に駆けつけた。「まだ4試合、地元での試合が続くので成長した姿を見せたい」。若き4番が打てば、連勝記録も伸びる。(横市 勇)

     ▼ロッテ・小島(6回4安打1失点で今季3勝目)調子は悪くなかったが、最低でも7回を投げ切れるように、考えていきたい。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/5bede9752d983dde7cd9936b0c4a9686eb4fcda8


    【【プロ野球】ロッテ・安田 4番で凱旋打!2試合連続先制タイムリーでオリ戦7連勝!】の続きを読む



    (出典 img.sportsbull.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/08/06(木) 07:26:40 ID:6Ue4gWF4a.net

    7月21日から4番に起用され、打率は2割3分台まで上昇。4番に限っては3割を超え、今季15打点のうち、10打点を稼ぐ。
    「走者をかえすために、長打は考えずにコンパクトに振れている」。打順がこうも人を変えるのか、これまで硬かった動きは消え、力みのないスイングになった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200806-00000001-asahi-base


    【【ロッテ】安田尚憲「走者を返すためにコンパクトに振る」】の続きを読む



    (出典 pm-img.skyperfectv.co.jp)


    安田タイムリー
    菅野ホームラン
    素晴らしい

    80 オ0-2ロ(4回表) :20/08/05(水)19:02:36 ID:FfV

    こんな4番ほんとに久しぶりの感覚やな


    【【プロ野球】オリックスVSロッテ】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    たくさん打ってくれな

    1 風吹けば名無し :2020/08/04(火) 07:17:04 ID:ZndbNuJ3a.net

     高卒3年目のロッテ・安田が4番として故郷・大阪に凱旋する。4日から始まるオリックス戦の敵地・京セラドームについて
    「子供の頃から行っていたし、イメージは悪くない。両親、友達も見に来てくれるかもしれない」と意気込む。


    【【プロ野球】ロッテ・安田 「京セラドームは小さい頃から行っていた」オリ戦へ意気込む】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    このままいけば4番固定できるぞ

    1 風吹けば名無し :2020/08/01(土) 09:42:40 ID:zgykTg9Ca.net

    ついにきたな


    【【プロ野球】ロッテ期待の大砲・安田尚憲 7月成績 .289 3本 12打点】の続きを読む

    このページのトップヘ