カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。

    タグ:日ハム




    (出典 www.sponichi.co.jp)


    野手転向してたのか
    もう少し待てなかったのかね

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/21(土) 06:49:26.27 ID:CAP_USER9.net

     日本ハムが5日、今シーズン第1弾となる戦力外選手を発表。その内容がネット上の日本ハムファンの間で物議を醸している。

     >>元日本ハム・岩本氏、楽天入り断念→引退の秘話を明*不義理を詫びたノムさんからまさかの“金言”<<

     球団はこの日、今季一軍未出場の33歳捕手・黒羽根利規と、プロ入り後に投手から野手に転向した28歳・白村明弘を戦力外としたことを発表。黒羽根は2017年途中にDeNAからトレードで入団するも、昨季まで一軍出場25試合とレギュラー定着には至らず今季は一軍未出場。2013年ドラフト6位で入団した白村は2015年には50試合に登板するなど中継ぎの一角を担ったが、2019年2月に野手に転向して以降は1試合しか一軍での出場がなかった。

     報道によると、黒羽根は「野球を続けていきたい気持ちはあるので、そこに向けて頑張りたいと思います」と来期以降も現役続行を希望しているとのこと。一方、白村は「やり切りました。引退したいと思います」と現役を引退する意向であるという。

     この発表に対し、ネット上には「一軍には清水(優心/24歳)とか宇佐見(真吾/27歳)とか若手捕手がいるから仕方ない」、「第3捕手としても一軍に定着できてなかったからさすがに厳しいな」、「捕手としてはまだ若いし、獲ってくれる球団があることを願いたいな」と黒羽根の戦力外には納得する声が多数寄せられている。

     一方、白村の戦力外については「黒羽根はなんとなく予想はしてたが、白村が切られるとは思わなかった」、「野手転向から1年ちょっとでクビは見切りが早過ぎる」、「白村はせめてもう1年は様子見るべきでは?糸井も木村もメド立ったのは3年目だぞ」と反発が噴出している。

     「球界では白村のようにプロ入り後投手から野手に転向したケースは複数あり、現役では阪神・糸井嘉男、西武・木村文紀といった選手が野手転向後、主力にまで成長しました。ただ、この両名はどちらも転向3年目のシーズンから徐々に一軍出場を増やすなど、成功を収めるまでにはそれなりの時間を費やしています。球団は白村の今後の伸びしろやドラフトで指名した4名の野手などを総合的に判断して戦力外を告げたのだと思いますし、来年29歳になる元投手の白村と元から野手でより若い選手のどちらが戦力として計算しやすいかを考えると妥当な判断のようにも思われます。ただ、まだ転向から約1年半しか経っていないタイミングでのクビは早計ではないかと不満を抱いているファンも多いようです」(野球ライター)

     戦力外を受けたコメントの中では、「投手も野手もやるという経験ができたのはファイターズだから」と球団に感謝している白村。ただ、今回の発表にモヤモヤを抱えているファンも少なくないようだ。

    https://npn.co.jp/article/detail/200008931/
    スポーツ 2020年11月05日 20時30分


    【【プロ野球】日ハム・白村の戦力外に「見切りが早すぎる」の声・・・野手転向2年目での解雇】の続きを読む




    (出典 hawkssoul.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/20(金) 04:02:22.81 ID:CAP_USER9.net

    西武が日本ハムの吉川光夫投手(32)を金銭トレードで獲得することが19日、分かった。20日にも発表される。今季は5試合の登板に終わったが12年には14勝5敗でMVPにも輝いた左腕は、慢性的に左投手が不足しているチームの補強ポイントにもマッチ。来季の2年ぶりのリーグ優勝を見据え、戦力補強に動きだした。

     来季に狙うはV奪還。西武が課題の左腕補強に動いた。この日までに日本ハムから吉川を金銭トレードで獲得することに合意した。

     吉川は06年の高校生ドラフト1巡目で日本ハムに入団し、6年目の12年に才能が一気に開花。14勝5敗、リーグトップの防御率1・71でリーグ優勝に貢献し、MVPにも輝いた。しなやかな腕の振りから最速150キロを超える直球と切れのある変化球が持ち味だったが、その後は左肘痛もあり低迷。17年から19年途中まで在籍した巨人でも輝きを取り戻すことはできなかった。

     古巣の日本ハムに復帰して2年目の今季もわずか5試合の登板に終わったが、左肘も含めコンディションは良好。西武が通算55勝の左腕に白羽の矢を立てた理由は深刻な左投手不足がある。リーグ3連覇を逃して3位だった今季は25試合目の楽天戦の榎田まで左腕の先発がなし。新外国人のノリンは1勝2敗で左肩痛を発症し、今季限りでの退団が確実だ。終盤に新人左腕の浜屋が3勝と奮起も巨人から移籍2年目のベテラン内海は1勝止まり。救援陣も今季38試合で2勝1敗、防御率2・10と奮闘した小川が16日に左肘の手術を受け、来季開幕に間に合うかは微妙な状況だ。

     今秋ドラフトでは1位で指名した最速155キロ左腕の早大・早川は4球団競合の末に外したものの、2位では最速152キロで即戦力左腕のNTT東日本・佐々木健を指名。渡辺久信GMが「即戦力左腕の獲得は、今季のうちになかったところの補強」と話し、辻監督も「左投手が欲しかった」と明かしていた。

     山川、中村、森らを擁する打線は12球団屈指の破壊力を誇る一方で、今季のチーム防御率4・28は3年連続でリーグワースト。先発、中継ぎと経験豊富な吉川の加入は、課題解消への大きな一歩だ。また、送り出す日本ハムも功労者で指導者候補でもある吉川が、新たに経験を重ねることを期待している。来季はプロ15年目。かつてのMVP腕がライオンズブルーのユニホームに袖を通し、完全復活を目指す。

     ◆吉川 光夫(よしかわ・みつお)1988年(昭63)4月6日生まれ、福岡県出身の32歳。広陵から06年高校生ドラフト1巡目で日本ハム入団。12年に14勝を挙げMVP、最優秀防御率を受賞。16年オフに大田、公文との交換トレードで石川と巨人へ移籍。19年6月に鍵谷、藤岡とのトレードで宇佐見と日本ハムへ復帰した。1メートル78、76キロ。左投げ左打ち。


    (出典 i.imgur.com)


    11/20(金) 3:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201120-00000001-spnannex-base


    【【プロ野球】西武が日ハム・吉川を金銭トレードで獲得!課題だった左腕補強】の続きを読む




    (出典 static.chunichi.co.jp)


    まあ妥当だね

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/17(火) 06:07:14.72 ID:CAP_USER9.net

    今季3度目の打点王に輝いた日本ハム・中田翔内野手(31)が16日、テレビ朝日系「報道ステーション」に生出演。21日に京セラドーム大阪で開幕する巨人―ソフトバンクの日本シリーズの行方について、4勝2敗でソフトバンクと予想した。

     中日OBで本紙評論家の川上憲伸さん(45)と出演した中田は15日までのパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)2試合を映像を見ながら解説。今季対戦したソフトバンクの印象を「総合的にも、すごくレベルが高いチーム」などと語った後、ボードに書いた日本シリーズの勝敗予想を披露した。

     4勝3敗で巨人と予想した川上さんとは対照的に、ソフトバンクが優勢と考える理由を聞かれた中田は「ジャイアンツ打線がソフトバンクの投手陣を打ち崩せるかどうかだと思うんですけど、ソフトバンクは次から次にいい投手が出てくるので」と回答。さらに「ほとんどの投手が150キロ以上の真っすぐを投げるのでそこはちょっと厳しいんじゃないのかなと思います」と、実際の対戦を踏まえながら分析した

    11/17(火) 6:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201117-00000009-chuspo-base


    【【プロ野球】日ハム・中田翔、日本シリーズを4勝2敗でソフトバンクの勝ちと予想する】の続きを読む




    (出典 www.sanspo.com)



    1 ゴン太のん太猫 ★ :2020/11/18(水) 18:26:41.37 ID:CAP_USER9.net

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b64ae73211b772a62480034f85be8b08d0a2cde6
    「プロ野球の監督に重みがなくなったね。今の12球団の監督に、『野球とは?』と問いかけたら、果たして何人が答えられるか。誰も答えられないんじゃないの?」
     名将・野村克也元監督の言葉である。  

    ネット上のファンに「どの口が言うのか!」「オマエが言うな!」と一斉につっこまれたのが、就任10年目に突入することになった栗山監督である。
     都内の日本ハム東京支社で畑オーナーから「集大成を見せていただけると信じて栗山監督に2021年のファイターズを託します」と続投を要請されると、大仰な口ぶりでこう言ったのだ。

    「丸裸になって、イチからやる。すべてをかけたい。申し訳ないけど、情はすべて捨ててやっていきます」

    通算2081安打の評論家、山崎裕之氏がこう言う。
    「栗山監督の『情をすべて捨てて』という言葉に反応するファンの気持ちは分からなくはない。
    打率.190の清宮幸太郎の使い方もそうだし、3年連続で勝ち星なしに終わりながら来季も現役続行するという斎藤佑樹の扱いもしかり。
     情に縛られている印象がありますからね。
    栗山監督は快活で気配りができ、少なくとも人間的に悪い印象を私は持っていない。
    親会社や球団もそういう部分を評価しているのかもしれない。
    しかし、それと監督としての能力、責任は別です。日本ハムは2016年のリーグ優勝以降、5位、3位、5位、5位。それでも責任を取らず、来季もユニホームを着る。
    確かに、ノムさん(野村元監督)が健在なら、『監督はそんなに軽いポジションじゃないやろ』とボヤいているかもしれません」  

    栗山監督は昨オフに続投が決まった際も「来年は鬼になる。絶対に優勝する」と大見えを切ったが、結果はご覧の通り。
    鬼になるどころか、情実起用を繰り返し、淡々と黒星を重ねた。チーム内にすら、「言行不一致もいいところ。言葉だけが上滑りして、選手にも響かなくなっている」との声が出ている。

    言葉も地位も「軽い」の典型だ。

    (出典 pbs.twimg.com)


    【【プロ野球】日ハム・楽天の監督人事について、軽くなりつつある監督の立場 評論家も嘆き節 】の続きを読む




    (出典 sports-baseball.west.edge.storage-yahoo.jp)


    活躍しているところみたいな

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/13(金) 08:19:58.00 ID:CAP_USER9.net

    MLB志望の日ハム・西川に「菊池みたいになる」の声 日本人野手は苦戦続き、“買い手無し”を回避するカギは
    9日の対ロッテ戦に「7-4」で勝利し、「53勝62敗5分・勝率.461」のリーグ5位で今シーズンの全日程を終えた日本ハム。同戦終了後、その日本ハムの投打の主力である有原航平、西川遥輝が今オフ、ポスティングでのMLB挑戦を球団に直訴する意向であることを複数メディアが報じた。

    日本ハム・清宮、不振の原因は“迷い”? OB岩本氏が打席での“異常”を指摘「手先でボールをこねていた」

    両名は昨オフの契約更改の際にも今オフのポスティング利用を公言していたが、報道によると約1年が経過しても気持ちは全く変わっていないとのこと。また、球団側は今後の話し合いで容認するか決めるというが、両名のこれまでの貢献度の高さを考慮し認める可能性が高いとみられている。


    有原と西川は28歳と同い年で、有原は2014年ドラフトで1位指名、西川は2010年ドラフトで2位指名を受け日本ハムに入団。有原は今シーズンを含めこれまでに「129登板・60勝50敗・防御率3.74・626奪三振」、西川は「1097試合・.286・51本・346打点・1128安打・287盗塁」といった数字を残している。

    今回の一件を受け、ネット上には「落ちる球2種類くらい持ってるしどこかしらからオファーはありそう」、「好不調の波が激しいけど、最多勝獲った2019年みたいな調子なら十分通用するはず」、「怪我には強いっていう点も好材料になるのでは」と、有原については肯定的な意見が多数寄せられている
          
    一方、西川については「盗塁王を3回獲得した足は向こうでも通用するだろうけど、それ以外に突出しているものはないから不安」、「筒香(嘉智/レイズ)や秋山(翔吾/レッズ)もイマイチだったのに買い手つくのか?」、「下手したらどこからも手が挙がらなかった菊池(涼介/広島)みたいになるぞ」といった疑問の声が複数見受けられた。

    「近年野手としてMLBに挑戦した日本人選手は6年間の通算打率が『.285』だった青木宣親(元ブルワーズ他/現ヤクルト)以外は軒並み結果を出せておらず苦しんでおり、昨オフ移籍した筒香(.197・8本・24打点・31安打)、秋山(.245・0本・9打点・38安打)も成績はサッパリ。また、昨オフは筒香、秋山と同じく菊池もMLB移籍に動いていましたが、日本人野手の評価が下がっていることもあり、獲得球団が現れずに残留となっています。ですので、西川についてもポスティングしたところで買い手がつかないのではと考えているファンは多いようです。ただ、西川は走力や出塁能力を武器とするMLBではそれほど数が多くないタイプの選手で、年俸も現在2億円(推定)とそこまで高くはなく、外野に不安を抱える球団や主砲の脇を固める選手を求める球団にとっては魅力的な存在に映るのではとも思いますが…」(野球ライター

    一部からは「もしメジャー契約がなくても、本人がやる気ならマイナー契約やキャンプでの招待選手など他にもやりようはある」といった声も挙がっている西川。今オフはコロナ禍の影響で多くのMLB球団が予算削減に動いているとされているが、有原とともに移籍にこぎ着けることはできるのだろうか。

    2020年11月10日 17:00
    https://search.yahoo.co.jp/amp/s/news.nifty.com/amp/sports/baseball/12184-200070667/%3Fusqp%3Dmq331AQQKAGYAc7b0_yeofuLJLABIA%253D%253D


    (出典 i.imgur.com)


    https://npb.jp/bis/players/21225133.html
    成績


    【【プロ野球】メジャー挑戦表明の日ハム・西川、昨年の菊池の二の舞を踏まないようにするカギはどこ?】の続きを読む

    このページのトップヘ