カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。

    タグ:経営



    (出典 res.cloudinary.com)



    1 首都圏の虎 ★ :2020/10/10(土) 15:04:36.86 ID:CAP_USER9.net

    「今年の契約交渉はかなり揉める可能性があります」

     関大名誉教授の宮本勝浩氏(理論経済学)がこう言った。

    宮本氏は先日、「2020年のプロ野球の経済的損失」のリポートを発表。プロ野球は今季、コロナ禍により試合数が120試合に縮小。無観客で開幕するなど、球団収入の柱となっている観客動員数が大幅に減る。観客動員の上限が最大収容人数の50%のままシーズンが終了すれば、今季の12球団の売上総額は前年と比べて約1423億円の損失になると分析(パのCSを除く)。1球団平均で120億円もの赤字を抱えるというのである。

    ■赤字解消に数年

     宮本氏が続ける。

    「DeNAの南場オーナーは『かつてない危機的状況』と発言するなど、オーナー側からも厳しい声が上がっている。プロ野球は入場料収入が大きな柱。例年、巨人や阪神のように年間300万人を動員する球団はだからこそ儲かる。しかし、このまま行けば今年はどの球団も大赤字を抱える。例年、年間の観客動員数が100万人台と規模が小さい球団は、さらに厳しい経営状況に追い込まれます。プロ野球の球団は米大リーグのように、放映権料の分配金はなく、人件費(選手年俸)が収入の半分を超える球団も多い。そもそも大きな収益を上げづらい構造になっている。今季の赤字を取り戻すためには数年かかるでしょう」

     実際、DeNAは保有していた陸上のランニングクラブを今年度限りで解散することを決めた。しかも、コロナ禍は終息の兆しが見えず、来季も通常通りの開催ができるかどうかも不透明だ。

    「球団経営がかなり厳しい状況に追い込まれていることは間違いありません。これは、今オフの契約更改にも影響するはず。今季の試合数が120に縮小され、勝利数や本塁打数など積み重ねる数字に関しては少なくなりますが、契約更改の席で例年の成績を持ち出され、『成績が落ちている』と減額提示されるケースも考えられます」(宮本氏)

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b92f5b20974f9b1f31f51527b73c762c225b88f8

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【プロ野球】コロナウイルスの影響もあり、12球団の損失が1400億円・・・今オフの契約更改への影響は必至か】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    こんなにか・・・チケット収入が痛すぎるな・・・
    早く終息して欲しい

    1 Egg ★ :2020/09/29(火) 15:16:49.50 ID:CAP_USER9.net

    関大の宮本勝浩名誉教授が新型コロナウイルス感染拡大によりプロ野球12球団が被った経済損失を計算したところ、約1423億円に上ることが28日、分かった。今季の観客数が昨季の2割程度になることが響いた。

     開幕が6月19日と2カ月半以上遅れた上、7月9日まで無観客試合、同10日から上限5000人、9月19日からは収容人数の50%までと、厳しい制限が行われている。

     宮本名誉教授は9月23日までの観客数を集計。同日以降の試合も収容人数の50%と推定して、今季の総観客数をセ・リーグ約308万人、パ・リーグ約247万人の計約555万人とした。

     昨季の総観客数は約2654万人で、12球団の総売上額は1800億円前後と推定。ここから今季の総売上額は約377億円になると推計され、昨季比約1423億円の経済損失になるとした。

     また、東京マラソンや大阪マラソンなど全国で500前後あるとされる市民マラソンの中止による経済損失も試算。合計で約7123億円と巨額に上ることも判明した。

     宮本名誉教授は「2021年は全試合が満員の球場で開催されることを願っている」などとコメントした。

    9/29(火) 5:00 サンケイ新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9fb14ca0337be1ec05e7c4487faf70548fc9530c


    【新型コロナウイルスの影響により、プロ野球界全体の経済損失は1423億円に・・・】の続きを読む



    (出典 sp.marines.co.jp)



    1 Egg ★ :2020/09/26(土) 10:12:47.50 ID:CAP_USER9.net

    新型コロナウイルスの影響で当初より3カ月遅れ、6月19日に開幕したプロ野球。異例のシーズンのペナントレースも終盤戦に入る。12球団が抱える課題や新たな試みを探った。

    【写真】新型コロナウイルス感染予防のため、間隔を空けて座る観客

    ◇「お客さん呼びたいのに呼べない」

    9月上旬、あるセ・リーグ球団の本拠地球場。空席の目立つ観客席を見渡しながら、営業を統括する幹部は言った。「これでも超満員なんだよ。お客さんを呼びたいのに呼べないのは苦しい」
    新型コロナ流行の影響で、各球団の経営は疲弊している。無観客に始まり、最近まで5000人までだった入場者数制限も追い打ち。入場料や物販など来場者関連の収入に大きな痛手を被った。

    このセ球団は1試合平均で昨季1億円弱だった来場に伴う売り上げが、上限5000人の時期は8割以上減の約1500万円にまで落ちた。一方で体温を測る機器や消毒液の手配で支出はかさむ。
    「どうしても足が出る。厳しい」と幹部。試合を開催するたびに赤字は膨らんだ。

     今の希望は入場者数制限の緩和だ。今月19日から各球場とも定員の50%まで入場可能となり、1~2万人の集客が見込める。
    首都圏に本拠を置くパ球団の事業部長は「(飲食など)消費収入もあり、非常に助かる」と本音を漏らす。

    ただ、楽観はできない。あるセ球団の幹部は今後の客離れを危ぶむ。「新しい生活様式」が浸透すれば、テレビ観戦で満足したり、ゲームなど他の趣味にくら替えしたりする「自宅派」が増えるとみており、
    来年もコロナ禍が続けば「景気が冷え込み、消費意欲も落ちる。家計で最初に削るのは趣味」と予想する。球界全体で昨年の入場者数は約2650万人。10年間で約20%も伸びた客足が鈍る恐れもある。

    体力のある親企業が多いのは救いで、既に補填(ほてん)を見込む球団もある。別の球団幹部は「今年はもう割り切り、走り切る以外にない」。コロナの終息と、空席のない満員が戻る日を願っている。 

    9/26(土) 7:15配信 共同通信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e874cda4646e8228bed3de1f283ecd30a753cab6

    写真

    (出典 www.jiji.com)


    【【プロ野球】コロナウイルスの大きな影響・・・売り上げが8割減で今後の客離れを懸念】の続きを読む



    (出典 prt.iza.ne.jp)



    1 Egg ★ :2020/09/08(火) 12:59:47.34 ID:CAP_USER9.net

    7日、NPBとJリーグによる新型コロナウイルス対策連絡会議が行われ、NPBの斉藤コミッショナーはJリーグと合同で、5000人が上限となっている入場制限緩和の要望書を政府に提出する意向を示した。

     12球団の大半は入場料収入が大きな財源となっている。球場の最大収容人数によって違いはあるが、全収入の約6割を占める球団もあるという。

     巨人の山口オーナーは、雑誌「文芸春秋」9月号で手記を掲載。5月12日の臨時オーナー会議で楽天の三木谷オーナーが「今回のコロナ禍で球団経営が二、三年で本当に立ち行かなくなる可能性がある。こういう不可抗力にどう対応するのか、選手年俸について真剣に議論すべきだ」と発言したことを明かし、こう記した。

    <どうやら、パのオーナーは西武を除いて、無観客での開催を受け入れる代わりに、選手年俸の今季の減額をめざそうと意見をそろえてきた様子だった。球団は営利企業であることを強調し、十二球団が一緒に減俸に取り組むべきだと代わる代わる主張した>

    ■入場料頼みの限界

     結果的にセのオーナーを中心に減俸に反対する声が出て、選手の今季年俸は保証されることになった。球界関係者が言う。

    「サッカーJ1の入場料収入の割合は20%程度。JリーグがDAZNと2017年から12年総額2239億円の放映権契約を結んでおり、それらの分配金が収入の10%以上を占めるクラブもある。

    米MLBも同様に、全米ネット局との放映権契約の分配金が1球団当たり、日本円で約53億円ある。プロ野球も親会社の広告宣伝費や入場料頼みの体質を変えるべく、NPBが一括してDAZNなどと放映権契約を結ぶなど、新たな収益構造をつくる時期に来ている」

     しかし、プロ野球ではそうした流れになる可能性は極めて低いという。

    「巨人は2019年、DAZNと年間20億円といわれる契約を結び、今年から5年契約を更新。これによって、放映権の一括管理という仕組みはむしろ遠のいた。企業努力は大事ですが、巨人や阪神のように儲かっている球団は、共存共栄でプロ野球界に利益を還元する考えになかなかならない」(某球団営業担当)

     球団格差が広がれば、三木谷オーナーが危惧するように「破綻→身売り」に発展する球団も出かねない。このままでは2004年以来の球界再編は不可避だろう。

    9/8(火) 11:10 日刊ゲンダイ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1dd4b65300ebb4c481606ef43e9459870694ff0e

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【コロナにより収入が減少・・・プロ野球12球団の大半は入場料収入が大きな財源に】の続きを読む



    (出典 2080baseball.com)



    1 風吹けば名無し :2020/08/14(金) 15:38:31 ID:U/SGFYAI0.net

    やっぱ読売か?


    【【プロ野球】12球団で運営母体が大きい球団ってどこだろう?】の続きを読む

    このページのトップヘ