カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。

    タグ:部員数



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    元野球部として悲しいなあ・・・サッカー人気が高いのかな

    1 Egg ★ :2020/08/05(水) 23:49:13.09 ID:CAP_USER9.net

    日本高野連は5日、硬式野球部員数が6年連続減少したことを発表した。

     1年生(新入)部員が4万7098人、2年生部員が4万5274人、3年生部員が4万5682人で、全体では5813人減少の13万8054人で、6年連続の減少となったとしている。

     部員数は栃木県を除く46都道府県で減少しており、最も減少したのが東京都の533人で、愛知県の460人、兵庫県の303人の順で続いた。部員数が最も多いのは東京都の9295人で、次いで愛知県の7381人、神奈川県の6518人で最も少ないのは鳥取県の766人。

     例年は5月末での集計結果を発表しているが、新型コロナウイルス感染拡大により休校措置となった加盟校が数多くあったことから、今年は7月末での集計となった。


    8/5(水) 18:32 ディリースポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/468e68b840b15b43af88bb9022644f88c07a57f8


    【【高校野球】高野連発表 硬式野球部の部員数が6年連続で減少・・・栃木県を除く46都道府県で減少】の続きを読む



    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    野球の人口減ってて寂しいな

    1 Egg ★ :2020/07/27(月) 07:04:08.66 ID:CAP_USER9.net

    中国地方で最も部員数が多いサッカー

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    新型コロナウイルスの感染拡大で休止や大会中止に見舞われた高校の運動部活動が、少しずつ活気を取り戻しつつある。中国地方の部員数はこれまでどのような変遷をたどり、どんな特色を持つのか。また、新型コロナが今後の動向にどう影響していくのか。5県のデータから探った。

    【グラフ】データで見る高校部活動
    https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=665415&comment_sub_id=0&category_id=1167

     全国高体連と日本高野連がまとめた最新の2019年統計によると、中国地方で最も部員が多いのはサッカーで1万976人。硬式野球1万803人、バスケットボール9122人、バドミントン8363人で続く。ソフトテニス、陸上、バレーボール、卓球、弓道、テニスまでのトップ10は、15年前から顔ぶれが変わらない「定番」の部活といえる。

     人気を二分するサッカーと硬式野球だが、その勢いは対照的だ。少子化が進む中、サッカーは5年前の2014年に比べて100人(0・9%)増加。このうち女子が88人増で押し上げた。

    男子は島根、鳥取での伸びが目立つ。一方、硬式野球はこの5年間で1397人(11・5%)も減少し、部員数トップの座を譲り渡した。特に山陽地方での落ち込みが目立ち、広島ではサッカー、バスケットボールに続く3位だった。

     バドミントンの躍進も特筆される。部員数は15年前の04年比で約2200人増え、順位も8位から4位に上昇。女子に限れば広島、岡山、鳥取で人気ナンバーワンの部活に躍り出た。男子の増加も著しく、桃田賢斗らの世界的な活躍の影響もうかがえる。

     同じく日本代表の活躍が目立つ卓球も、最近5年間で521人増えた。一方でテニスは15年前の7位から10位に低下。最近5年間で823人減少しており、錦織圭(松江市出身)や大坂なおみらの活躍も部員増に結びついていない。

    7/25(土) 19:00 中国新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/556d833c93dcb12c4aa76d52845327f4f4c127a6

    Egg ★[] 投稿日:2020/07/26(日) 08:10:53.32
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1595718653/


    【【スポーツ】中国地方の高校部活動の部員について サッカーが硬式野球を抜き1位に!】の続きを読む

    このページのトップヘ