カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。

    タグ:阪神



    (出典 pbs.twimg.com)


    見たけど大山やばいな

    970 風吹けば名無し :2020/09/18(金) 20:50:09.97 ID:KXZvQ7VRp.net

    巨人優勝おめでとう


    【【プロ野球】阪神・大山、岡本に並ぶ21号ホームラン 】の続きを読む



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    あれは確かに「ん?」ってなった人がほとんどな気がする

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/16(水) 08:49:11.50 ID:CAP_USER9.net

    9/16(水) 6:40
    スポニチアネックス

    赤星憲広氏 阪神のバスターエンドラン失敗はタイミングを誤った
    スポニチ評論家・赤星憲広氏
     ◇セ・リーグ 阪神3-6巨人(2020年9月15日 東京ドーム)

     【赤星憲広 視点】攻めの姿勢はいいのですが、タイミングは誤ったと思います。3―5と逆転された直後の阪神の7回の攻撃。無死一、二塁で1ボールからバスターエンドランを仕掛け、梅野は空振りし、二塁走者の小幡も三盗失敗。1死二塁と好機がしぼみ無得点に終わると、一気に敗色ムードが漂ってしまいました。

     普段なら選択肢にある策なのですが、この回から登板した高梨がまったく制球できていない状況でした。先頭・小幡が内野安打した初球も外角を狙った直球が真ん中に入り、近本には3ボールの後、1ストライクを取っただけで四球。梅野への初球も明らかなボール球でした。

     当然、巨人バッテリーはストライクが欲しいので仕掛ける場面なのですが、それまでの7球を見ているとストライクゾーンに来ないことも十分に予測できました。案の定、梅野がバットにも当てられないような低めボールゾーンのスライダー。この1球以降の高梨は狙ったところに制球できるいつもの変則左腕に息を吹き返しました。

     8回の守りも2死二塁から中島を四球で歩かせて一、二塁となった時に左翼と中堅がそれまでの前進守備から後ろに下がりました。ここでは、もう1点も2点も同じだと思うので二塁走者の足の速い増田大を単打で還らせない、かなりの位置まで前進シフトを敷くべきだったと思います。

     外野手の頭を越される長打なら仕方がありません。しかもマウンドの馬場は低めに沈む変化球を武器とするので、安打にされるならゴロで内野の間を抜く可能性の方が高く、実際にそういう打球が二遊間を抜けていきました。せっかく菅野から5回までに3得点したのに、もったいない敗戦になったと思います。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/1244a2d8d8e4fe2b23cfad5ca571b7b90f764276


    【【プロ野球】赤星憲広氏 阪神のバスターエンドランはタイミングを間違った・・・】の続きを読む



    (出典 baseballking.jp)


    素晴らしい才能なのは間違い無いから楽しそうに野球をやっててほしいな・・・

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/14(月) 15:53:56.13 ID:CAP_USER9.net

    ■トレードには懐疑的

     背水登板でも結果を残せなかった。

     阪神の藤浪晋太郎(26)が13日の広島戦に先発。4回途中5失点。今季はこれで1勝5敗、防御率5・87。復活には程遠い内容が続く。阪神OBが言う。

    「矢野監督は今季、8度の先発機会を与え、この日の広島戦の三回には、無死一、二塁の場面で中軸の大山にバントを命じた。藤浪を何とか勝たせようという姿勢だけは見せたが、本人がそれに応えられない。もはや阪神で復活することは困難。限界といっていいでしょう」

     そんな藤浪を巡っては、かねて他球団が獲得に関心を示してきた。今年は「コロナ合コン」や練習への遅刻で何かと騒がせたものの、決して評価が下がっているわけではないようだ。特に投手力に課題がある球団などは、今すぐにでも欲しいという。巨人で居場所を失っていた沢村がロッテへ移籍するや、活躍の場を得た。放出しても、「救済トレード」の建前があれば、阪神ファンが反発することもないだろうし、阪神さえOKを出せば、すぐにでもトレードが成立するともっぱらだ。

     しかし、これまで阪神は、他球団から再三のトレード打診があったものの、これを断り続けているといわれている。

    ■招待選手扱いでも

     そんな中、阪神周辺では藤浪の去就に関して「ウルトラC」が浮上しているという。

    「メジャーで再起を図らせるのです」とは、前出の阪神OB。

    「阪神では、藤浪がこのまま復活を果たせないようなら、招待選手扱いでも、メジャーへ送り出してやるべきという声が出たことがあるといいます。入団1年目から3年連続で2ケタ勝利を挙げた実績があり、肩や肘の大きな故障もない。米球界には藤浪(197センチ、100キロ)のような大柄の選手は多く、トレーニングや投球技術のノウハウも豊富。復活のきっかけを掴めるかもしれない。メジャーで再起を図るのなら、阪神も国内他球団のことを気にする必要がありません」

     実際、メジャーの中には藤浪に興味を持っている球団があり、藤浪本人も以前からメジャーに関心を抱いているという。

     2018年にはカ*のダルビッシュに“弟子入り”し、米球界屈指の左腕カーショー(ドジャース)と交流。昨オフは再起をかける選手の“虎の穴”といわれる米国の「ドライブライン・ベースボール」のトレーニングも導入した。米球界関係者が言う。

    「常時150キロ台前半を計時するストレートや、カットボール、スプリットなどの変化球はメジャーでも通用するでしょう。あとは、どう制球とメンタルをコントロールできるか。今の成績では大手を振って渡米、というわけにはいかないが、大谷翔平と同じ26歳と若いし、肩肘に大きなケガをしているわけではない。球団によってはメジャー契約を提示する可能性もあります」

     もがき続ける元エースの行き先は、阪神でも他球団移籍でもなく、海の向こうかもしれない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c8e294bd41003732b8cac13a2bcb1fdedb9e87da

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【プロ野球】阪神・藤浪晋太郎 背水登板も結果を残せず・・・今後はどうなるだろうか】の続きを読む



    (出典 res.cloudinary.com)



    1 Egg ★ :2020/09/06(日) 16:16:46 ID:CAP_USER9.net

    新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な不況で、球界再編が再燃――。発端は、オリックス・バファローズが阪神タイガースに球団保有権を売却し、球団を合併する構想だ。
    元々、阪急から球団を譲り受けた経緯があり、先祖返りの構図。タイガースに山本由伸、山岡泰輔の“Wエース”が加われば巨人の戦力をも凌ぐと虎ファンも期待する。

    新型コロナウイルスの感染者数が高水準で推移したとして、政府は8月末までとしていたイベントの人数制限を再び延長し、5000人の上限を9月以降も継続する。これに悲鳴をあげているのがプロ野球だ。

    各球団とも、9月以降は少なくとも観客動員上限が2万人になることを想定し、今季の赤字を40億円程度と見込んでいたが、さらに下方修正を余儀なくされた。
    今季の選手年俸は全額支払うことが確認されているが、来季について、選手年俸を大幅に削減しないことには、球団の維持は難しい。経営破綻が予想される球団も出ており、球団再編の動きが加速しているのだ。

    「右肩上がりの経済なら球団売却も可能だが、コロナ禍で各企業とも財政が悪化。黒字が見込めないプロ野球に触手を伸ばす企業はない。そこで浮上しているのが、球団の合併。要は“手仕舞い”」(スポーツ紙デスク)
    本誌が入手した情報によれば、いま水面下で合併構想案が燻っているのが阪神とオリックス。NPBへの参加資格をオリックスが阪神に譲渡する形で球団経営から撤退。球団が1つ減り、球界再編成の戦端が開く。

    主導しているのは、’04年の球界再編で主役を演じたオリックスの宮内義彦オーナー(84)。当時は近鉄が、バファローズの球団保有権をオリックスに売却して統合したが、今回は逆。オリックスが球団保有権を阪神に売却するのだ。
    時系列を戻すと、オリックスは昭和最後の’88年オフに、阪急電鉄からブレー*を買収して球界に参入。翌年4月1日に社名をオリエント・リースからオリックスに改めるのに合わせ、社名を宣伝する戦略が背景にあった。

    球団経営から撤退した阪急電鉄は、’06年に阪神電鉄の株式を取得し、阪急・阪神HDに経営統合。異例の手法で日本一の人気球団を手に入れ、新たな形で球界に復帰した経緯がある。

    「今年6月の阪急阪神HDの定時株主総会で、阪神電鉄会長でタイガースオーナーの藤原崇起氏の同HD取締役退任が決まりました。当面、球団オーナーは続けるものの、
    球団経営を含めたグループの舵取りは阪急電鉄の経営陣が担います。彼らのブレー*への愛着は強く、復活は大歓迎。オリックスからすれば、一時的に預かったブレー*を阪急に返す形になり、
    球団を売り抜けるのにこれ以上の相手はありません。さらに阪急・阪神グループもオリックスもメインバンクは三菱UFJ銀行(旧三和銀行)で、交渉しやすいのです」(全国紙の経済部記者)

    阪神にしても、’05年を最後に優勝からは遠ざかっており、オリックスの戦力は魅力だ。野球日本代表の「侍ジャパン」にも名を連ねる山本由伸、山岡泰輔というWエース、メジャー通算282本塁打のA・ジョーンズ、
    吉田正尚、T-岡田の猛牛打線が加われば、セ・リーグを独走する巨人の戦力さえしのぐ。「タイガース黄金時代」の到来は約束されたようなものだ。

    2020年09月05日 18時00分 リアルライブ
    https://npn.co.jp/article/detail/200007382


    【【NPB】コロナの状況もあり・・・球界再編が浮上 オリックスと阪神の合併構想?】の続きを読む



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 jinjin ★ :2020/08/31(月) 23:55:18 ID:CAP_USER9.net

    清原氏 藤川への思い語る
    直球勝負できる「最後の投手」、05年には過激発言も


    今季限りでの現役引退を申し出た阪神・藤川球児投手(40)について、西武、巨人などで通算525本塁打を放った清原和博氏(53)がスポニチ本紙の取材に応じ、「僕が現役時代、ストレートを待っていて、ストレートを投げてくれる、最後の投手でした」と思いを語った。


    05年4月21日の巨人―阪神戦。大量リードした7回2死満塁でフルカウントからフォークを投じて空振り三振に打ち取った藤川に対し、清原氏は試合後、真っ向勝負しなかったことを過激発言で返した。

    これが「火の玉ストレート」を磨くきっかけとなった。
    「あれから対戦が楽しみになりました。本当にストレートだけで勝負できる投手、と思っていなければあんな発言はしません」と当時を振り返る。


    同年6月25日の再戦では直球で空振り三振。
    オリックスに移籍した翌年6月に対戦した際も「火の玉みたいだった」と語った。

    今季は思うような成績が残せていない藤川を思いやり「寂しい半面、それだけストレートにこだわってきたからこそ、引退を決意されたのかな、と思います」と話した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/c2b1954904a487f7f0823f8da07fdfdae229635c


    関連スレ
    阪神の藤川球児投手が今季限りで現役引退 [首都圏の虎★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1598859594/


    【【プロ野球】清原和博氏が今季限りで引退する藤川球児について語る】の続きを読む

    このページのトップヘ