カモメ26@千葉ロッテまとめ

主に千葉ロッテマリーンズや高校野球等
あらゆる野球に関するおもしろネタや試合情報、
画像、動画などをまとめています。
ご関心があればぜひご覧ください。

    タグ:高校野球




    (出典 www.motleyfool.co.jp)


    楽しみな選手だ

    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/06/06(日) 21:58:11.77 ID:UAVWrTIKa0606●.net BE:901654321-2BP(1000)


    (出典 img.5ch.net)

    球界が騒然…花巻東、監督長男の才能がヤバすぎる「とても高校生には見えなかった」

    太ももはまるでドラム缶
    「風の噂には聞いていたけれど、まだ中学から上がったばかりで映像もなく、実力は未知数だった。
    まさか、あれほどの逸材とは思わなかった」

    在阪球団のスカウトが、興奮気味にこう語るのは、花巻東高校の佐々木麟太郎(16歳)のことだ。

    1年生にして、大谷翔平の母校のレギュラーに座る佐々木は、同校の佐々木洋監督の長男にあたる。

    身長183cm、117kgという堂々たる体格もさることながら、球界関係者の度肝を抜いたのは、
    公式戦デビューとなる岩手県大会における「三打席連続本塁打」だった。
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83844


    ホームラン動画

    (出典 Youtube)
    &ab_channel=%E3%81%93%E3%81%AD%E3%82%8D%E3%81%8F


    【【動画あり】花巻東にまたもや怪物が現れる いきなり3打席連続弾「高校生には見えなかった」】の続きを読む



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    1 Egg ★ :2021/04/14(水) 22:52:05.54

     元プロ野球・阪神タイガースの赤星憲広氏が14日、読売テレビ「かんさい情報ネットten.」に出演。新型コロナウイルスの感染拡大が続く大阪府で、この日開かれる緊急対策本部会議で小中高の部活動自粛を求める方針であることについて「僕から言わせてもらうと、そこまでやる必要があるのか」と疑問視した。

     「はっきり言って会食を徹底的に止めさせる(ことが必要)。会食はダメですよってずっと言ってきたのに、政治家の人を含めていたりしてて。飲食店(の取り締まり)をやるんだったら、会食を徹底的に取り締まるべき」と指摘。

     その上で「子どもたちに(取り締まりが)向かうのがかわいそう。スポーツを見てても、外でやっている競技とかでは、クラスターが出ているのはそこまででもない。寮ということはあるにしても」と子どもたちをおもんぱかった。

    4/14(水) 17:25 ディリースポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/17e83b18cc0ba32eaf1bd2c411feeb050b3c372b

    写真 
    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【コロナウイルス】赤星憲広氏が大阪府の部活動自粛要請について持論を語る】の続きを読む




    (出典 static.chunichi.co.jp)


    良い試合だったな

    661 名無しさん@恐縮です :2021/04/01(木) 20:12:40.65 ID:IadKGv7y0.net

    関西は京都国際とかだけ
    一致する勢力がありそう


    【【センバツ】東海大相模が明豊を下し10年ぶりの優勝!】の続きを読む




    (出典 www.news-postseven.com)



    1 征夷大将軍 ★ :2021/03/31(水) 20:31:49.19 ID:CAP_USER9.net

    2021.03.31 19:00  NEWSポストセブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20210331_1648105.html?DETAIL

    甲子園にやってくる度に、つくづくあの学校が聖地に立つことは二度とないんだなと郷愁に似た感情を抱く。その学校とは無論、春夏あわせて7度の日本一を達成しながら、事実上の廃部状態となっているPL学園(大阪)である。

    活動に終止符を打った2016年夏から5年の月日が流れても、いまだに復活を望む声は大きい。プロ野球選手82人を輩出した野球部のOB会長である桑田真澄氏は部の復活に向けて学校との折衝を重ねているし、高校野球のオールドファンもまた、お馴染みの「ああ、PL 永遠の学園」の校歌をもう一度、甲子園で聞きたいと願っている。

    復活の可能性はありますか──。廃部の真相と、同校野球部62期生の最後の夏を追った『永遠のPL学園』(小学館刊)を刊行して以降、幾度となくそうした質問を私は受けてきた。答えは決まって、「あり得ません」だ。

    第1の理由は、生徒数の壊滅的な減少である。2015年頃から、私はPL学園の高校入試出願状況を確認するのを習慣としているが、今年の入試競争倍率はもはや目も当てられない。

    普通科2コースのうち、理文選修コースは80人の外部募集に対し、出願はわずか7人(専願3人、併願4人)で、競争倍率は0.09倍である。国公立コースは、15人の募集にわずか3人(いずれも併願)で、0.20倍だ。PL学園中学から進学する生徒がいるにしても、定時制も合わせて1000人を超える生徒が敷地内の寮で暮らしていた時代を考えれば、信じがたい状況だ。

    第2の理由が、学園の母体であるパーフェクトリバティー教団の規模縮小ある。教団を創立し、拡大し、野球部をこよなく愛した2代教祖・御木徳近氏の時代の信者が高齢化し、信者数が激減する中で、二世・三世が通う学園生徒数も減っているのだ。

    そして、昨年末には、教団の土台が揺るぎかねない訃報があった。3代教祖の御木貴日止氏が12月5日に死去したのだ。しかし、教団の公式HPは3代の逝去すら掲載しておらず、4代教祖が誰になるかも明らかになっていない。大阪府富田林市の大本庁や全国の教会で行われる神事は昨年末から止まったままだ。

    4代教祖として有力視されているのが、御木貴日止氏の妻で、闘病生活の続いた教祖に代わって活動を取り仕切っていた美智代氏だ。こうして教団が混乱にある中、学園の硬式野球部の復活に力を注ぐ状況にあるとは考えがたいのである。
     
    今年のセンバツでは、新型コロナウイルスの感染対策として、アルプススタンドでの演奏や声を出した応援が禁止となったが、代わりに事前収録した10曲を試合の攻撃中にスピーカーで流すという粋な計らいを日本高野連が行った。決定が直前だったために、収録が間に合わなかった学校は、甲子園での友情応援に慣れた市立尼崎のブラスバンド部の演奏を収めた2枚のCD(10曲ずつ収録)から10曲を選んで流している。

    もし、夏の選手権大会もこの形式を継続するなら、ぜひCDに加えてもらいたい曲がある。PL学園の「ウイニング」だ。これは天理の「ワッショイ!」や智弁和歌山(智弁学園)の「ジョックロック」と同等か、それ以上に甲子園を熱狂の渦に包んだ名曲であった。

    PL学園の黄金期といえる1980年代から90年代にかけて、対戦校を震え上がらせたあの魔曲が聖地に流れること──それは復活が絶望的なPL学園野球部への鎮魂歌となる。


    【【古豪】PL学園野球部が復活する時は来るだろうか?】の続きを読む




    (出典 www.nishinippon.co.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/03/31(水) 17:41:07.30 ID:CAP_USER9.net

    ▼準決勝 2021/03/31(水) 明豊(大分)-中京大中京(東京愛知)

    明豊    0 0 0  5 0 0  0 0 0 |5 
    中京大中京 0 0 0  0 1 2  0 0 1 |4 

    【バッテリー】
    (明)太田、京本 - 簑原
    (中)柴田、畔柳、大江 - 加藤

    【本塁打】
    (明)
    (中)

    https://baseball.yahoo.co.jp/hsb_spring/game/2021001857/top

     【第93回選抜高校野球大会第10日第2試合 準決勝 明豊5―4中京大中京 ( 2021年3月31日 甲子園 )】 第93回選抜高校野球大会第10日は31日、兵庫県西宮市の甲子園球場で準決勝が行われた。第2試合では、明豊(大分)が5―4で中京大中京(愛知)に勝利し初の決勝進出を果たした。

     明豊は4回1死満塁から塘原俊平の左犠飛で先制、さらに2死一、二塁から太田虎次朗の右前適時打、簑原英明の左越え2点適時二塁打、阿南心雄の中前適時打で4点を追加した。先発した背番号10の左腕・太田は6回途中まで3失点と好投。代わったエース右腕・京本真がリードを守る。2点リードの9回は無死一、三塁のピンチを招いたが、1失点でしのいだ。

     中京大中京は、5回に1点を返し、6回1死二、三塁から加藤優翔が左前2点適時打で追い上げたが、反撃も届かず24年ぶりの決勝進出はならず。先発した背番号10の左腕・柴田青が4回途中まで投げ5失点。救援したエース畔柳亨丞は2回無安打無失点で降板し、7回から2年生右腕・大江嶺が登板した。

     試合後、明豊の川崎絢平監督は「生徒よく成長してるなと感心しながら見ていた」と1点差を逃げ切ったナインを称えた。「(準々決勝の)智弁学園戦と同じような、一度やってる展開。おさらいするような感じ。初めてするようなゲーム内容じゃないと、落ち着いてできたと思う」と話した。

     今大会初戦から4戦無失策と鉄壁の守備を誇り「すべてが完璧じゃないが、高校生らしくできるアウトはきっちりアウトにということで。見る人が見れば決して上手じゃないかもしれないが、高校生らしい泥臭い守備はできた」と称えた。

     太田-京本のリレーが決まり「太田はきょう良かったと思う。いけるとこまで太田でいこうと思っていた。役割十分果たしてくれた。京本はこっちに来てから順調に上がってきていた。気持ちが強い子なので、ああいう場面で最後締めてくれたらなと。できれば京本でしめたいと思っていた」と振り返った。ズバリと決まった継投も「まだこれっていう形にゲーム入ってるつもりはない。臨機応変に、固定してという気持ちはないのがいいように出ている」と話した。

     4回に一挙5点で主導権を握り「後ろにどんどんつなぐという、そういう気持ちが良かった」と称えた。

     昨年の甲子園交流試合に出場した太田や幸らが中心となって決勝進出。「3年生が置き土産として置いていってくれて、良い経験をさせてくれた。その2人が中心となってやってますので、卒業した3年にも感謝したい」と話した。

    2021年03月31日 16:15野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/03/31/kiji/20210331s00001002401000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【センバツ】明豊が中京大中京を破り初の決勝進出!!】の続きを読む

    このページのトップヘ